au PAYで公共料金の支払いが可能に!0.5%のポイント還元も!

au PAYは3月から公共料金の支払いが可能になりました。

これはつまり、請求書支払いの際に、わざわざコンビニに行かずに済むので、とても便利なアップデートになっています。

そこで、今回のお金の教科書ではau PAYの新しい機能の説明をしていきたいと思います。

au PAYを既に使っている人も、これから使いたいという人も必見の内容ですよ!




追加機能の概要

それでは今回の機能追加の詳細を説明していきたいと思います。

繰り返しにはなりますが、今回のアップデートで、公共料金などの請求書(払込票)に記載されたバーコードを読み取ると、その場で「au PAY 残高」から支払えるようになりました。

公共料金をauPAYで支払うことが可能に!

提供開始の3時点では北海道ガス、レモンガス、大阪ガス、関西電力、中国電力、沖縄電力が取り扱う電気料金・ガス料金の請求書に対応していて、支払い金額に対して0.5%をポイント(200円ごとに1ポイント)還元します。

支払い金額に対して0.5%をポイント(200円ごとに1ポイント)還元

これまで普通に請求書払いをしていたユーザーからすれば、コンビニで行くのもめんどくさく、支払いを行っても何もいいことはなかったのですが、今回の機能を使えば、簡単に支払うことができ、かつ還元も受けられるという良いこと尽くしです。

操作方法は、アプリの「請求書払い」アイコンをタップして、「請求書支払い画面」から「バーコードを読み取る」をタップし、手元の請求書(紙払込票)のバーコードを読み取ります。

操作方法

決済確認画面で請求書(紙払込票)の情報を確認して「支払う」をタップすると完了となります。履歴は「請求書支払い画面」の「履歴」で確認可能となります。

利用開始時期

支払先は、3月時点での支払先から順次拡大を予定しています。

4月1日に東京都水道局、5月下旬以降に5000以上の自治体・通販会社と接続する電算システム、6月上旬以降に東京電力が取り扱う請求書への対応する予定です。

みなさんが利用しているところが対応し始めてから使い始ればOKという感じかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

キャッシュレス決済アプリで、公共料金の支払いまでお得にできるなんて便利な世の中になったなと思います。

特に、還元を受けられるというのがとてもありがたいですよね。。!

公共料金はただ生活しているだけでも支払わなければならないものですので、この機能をつかって、少しでもお得に生活していきましょう!