Origami Payが無くなる?メルペイとの統合を分かりやすくご紹介

2020年1月23日に、Origami Payのメルカリグループ参画のニュースが発表されました。

これにより、Origami Payはメルペイに統合されることが決定しました。

そこで、現在Origami Payを使用している人は今後どうなってしまうのかを踏まえて、今回のニュースを分かりやすくご紹介していきます。




株式会社Origamiのメルカリグループ参画

2020年1月23日付で株式会社Origamiのメルカリグループ参画が発表され、それによりOrigami Payがメルペイに統合されるというニュースがありました。

両社のロゴ

これはつまり、現在Origami Payを愛用しているというユーザーは乗り換えを余儀なくされて行きます。

これにより、Origami Payからメルペイに乗り換え人に限らず、メルペイユーザーは以下のようなメリットが考えられます。

  • 首都圏だけではなく地方でも同じようにキャッシュレス決済が可能になる
  • 乗り換えたユーザーはメルペイのメリットを得ることができる

こちらを一つずつご紹介していきます。

首都圏だけではなく地方でも同じようにキャッシュレス決済が可能になる

Origami Payを統合したことで、メルペイでは地方でもキャッシュレス決済が可能になると予想されます。

メルペイとメルペイの親会社のメルカリは、今回のOrigami Pay統合ニュースと一緒に地域におけるキャッシュレス化の推進に向けて信金中央金庫との業務提携を発表しました。

具体的には、地域の中小事業者に対するメルペイ導入の推進とともに、信金中金が有する全国のネットワークを通じ、メルペイを活用した地域イベントや「メルカリ教室」、利用促進キャンペーンなどの展開を予定している。

メルペイの地方キャンペーン

これは、もともとOrigami Payは他のキャッシュレス決済サービスよりもいち早くサービスを開始していました。

2020年10月にはYahoo!とLINEの経営統合が予定されており、キャッシュレス決済サービスにとって大きな動きがあります。

メルカリグループでは、この2つの経営統合に対抗すべく今回の株式会社Origamiの参画を決めたものと考えられます。

乗り換えたユーザーはメルペイのメリットを得ることができる

メルペイを使うと以下のようなメリットがあります。

メルペイを使用するメリット

今すぐOrigami Payがメルペイに変わってしまうということではなく、Origami Payユーザーや加盟店に対して、一定の周知期間を経たあとにメルペイに統合されます。

そのため、メルペイになっても使い続けたいというユーザーは、今のうちにメルペイのメリットやメルカリの使い方を学んでおくのが良いでしょう。

Origami Payとメルペイの良いところを合わせたサービスが始まる?

Origami Payのメルカリグループ参画をうけ、今後ますますメルペイは進化していくでしょう。

例えば、Origami Payのメリットの一つである、高頻度で行われるキャンペーンなどは今後メルペイで行われる可能性もあります。

キャンペーンをやるたびにTwitter等で賑わっていて、注目度も非常に高く、その情報のキャッチのしやすさもメルペイに引き継がれるかもしれませんね。

まとめ

Origami Payがメルカリグループに統合されたことで、Origami Payユーザーはメルペイにするか、他のキャッシュレス決済アプリにするかの選択を迫られるでしょう。

今回この記事でご紹介している内容は想像の部分もあり、今後もっと良いサービスが発表される可能性は十分あります。

そのため、他のキャッシュレス決済に乗り換えるという場合でも、すぐには行動を起こさず、メルペイの動向を見ながら決めるのも良いと思います。