【完全版】メルペイのメリット・デメリットを徹底解説

キャッシュレス決済アプリとして最近注目を浴びている1つであるメルペイ。

楽天やLINEといった巨大企業も参入している中で、メルカリのキャッシュレス決済アプリとして、存在感を出し始めています。

特に、メルカリを日頃から使う人からしたら、とても便利な機能を兼ね備えたアプリになっています。

そこで今回のお金の教科書は、そんなメルペイの特徴やメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。




メルペイとは

メルペイとは、簡単に言えばフリーマーケットアプリのメルカリと連携したスマホ決済サービスのひとつです。

merpay

メルカリの100%子会社である株式会社メルペイが運営しているサービスであり、知名度の高さからも想像しやすいと思います。

メルカリのアカウントを持っていると利用でき、基本無料で使える点も大きな特徴です。

また、スマホを使って決済ができるため、キャッシュレスでスムーズな支払いが可能となります。

他にも、加盟店が多く、主要なコンビニ等で使用することが可能です。

それではメルペイのメリットについてご紹介します。

メルペイのメリット

メルペイには以下のようなメリットがあります。

  • 売上金とポイントが支払いに使える
  • 電子マネーiDに対応しているお店で使える
  • モバイルSuicaにメルペイからチャージできる
  • 割引率の高いクーポンが使える
  • メルペイあと払いが使える

売上金とポイントが支払いに使える

メルペイの一番のメリットは、メルカリを使って貯まった売上金とポイントがそのまま支払いに使えることです。

売上金とポイントがそのまま支払いに使える

今までだと、メルカリの売上金は10,000円まで貯めないと、振込手数料無料で換金できなかったですが、メルペイがあると、10,000円を待つことなく普段の買い物で使うことができます。

仮に4,000円の売上金があれば、4,000円分の買い物の支払いはメルペイから行われて、現金を払う必要はありません。

売上金がそのまま使える

また、メルカリの買い物でしか使えるところがなかったメルカリのポイントも、支払い時に使えるのがとても便利です。

ポイントで買い物したり、このあと紹介するSuicaへのチャージにもポイントが使えるため、今まであまり利用価値のなかったメルカリポイントが非常に便利な存在となりました。

電子マネーiDに対応しているお店で使える

メルペイの便利なところは、電子マネーのiDに対応しているお店で使えることです。

iD対応店で使える

電子マネーのiDは以前からあるサービスで、対応しているお店も他のQRコード決済と比べると非常に多いです。

その点でもメルペイの使いやすさは大きなメリットとなります。

特に駅周辺や空港、有名なお店などではiDの支払いに対応しているところも多いので、使える機会も多いです。

個人的に、駅周辺のお店を使うことが多く、そのときはメルペイでの支払いも使っています!

モバイルSuicaにメルペイからチャージできる

個人的に一番便利だなと思っているメルペイのサービスは、モバイルSuicaへのチャージができることです。

モバイルSuicaへのチャージが可能

メルペイを始めるときにできた電子マネーカードはApple Payとしても使えるので、モバイルSuicaでApple Payからチャージするときにメルペイを選べば、売上金やポイントからSuicaにチャージできます。

これがとにかく便利で、モバイルSuicaを使っているのであれば必須と言ってもいいぐらいの機能です。

メルカリでは、キャンペーンなどでポイントがもらえることもあるので、有効期限が来る前にモバイルSuicaにチャージしておけばムダになることもありません。

割引率の高いクーポンが使える

メルペイは、支払い方法として使えるだけでなく、独自のクーポンも発行しています。

クーポンを発行

よく見かけるのはセブンイレブンでお得になるクーポンです。

おにぎりやコーヒーなどが11円になるクーポンが過去にはありました(笑)

また、過去には、ガストやはま寿司などでもクーポンがありました。

定期的にクーポン内容は更新されているので、メルペイを使っているのであれば、ときどきチェックしておくと節約できる機会が増えるかもしれません。

メルペイあと払いが使える

メルペイでは、あと払いにするサービスの「メルペイあと払い」があります。

これを使うようにすれば、支払いを翌月などにまとめて支払いを回せます。

どうしても必要なものがあるけど、すぐにはお金が出せないときはとても便利な機能となります。

ただし、メルペイあと払いで使ったお金をあとで清算するときに300円の手数料がかかるため、これは大きなデメリットですね。

後払いは300円の手数料がかかる

また、お金の管理も複雑になってしまうため、それもデメリットです。

よほどお得なキャンペーンがない限りは使わなくていいサービスかもしれません。

以上が、メルペイのメリットになります。

メルペイのデメリット

メルペイには以下のようなデメリットがあります。

  • クレジットカードでチャージできない
  • 銀行との紐づけ設定が面倒
  • MasterCardコンタクトレスには対応していない

こちらも一つずつご紹介していきます。

クレジットカードでチャージできない

新しく出てきている決済サービスについて、ポイントを貯めることにお得さを感じているのであれば、メルペイはそこまでおすすめとはいえません。

なぜなら、メルペイの残高にはクレジットカードでのチャージに対応していないからです。

あくまでメルカリの売上金やポイントを使っての支払いになります。

クレジットカードでのチャージを使ってポイントを稼ぎたい方には向いていないかもしれません。

クレカでポイントをゲットする人には向かない

銀行との紐づけ設定が面倒

メルペイにチャージするときは、銀行口座から行わないといけないため、あらかじめメルペイで銀行口座を紐づけする設定が必要になります。

銀行口座を紐付ける必要あり

ネットバンキングが使えるようになっていないと紐づけできないため、この点は非常に面倒ですね。。。

ただ、メルカリのポイントや売上金がたくさんあるのなら、銀行口座との紐づけをする必要がないのですぐにメルペイを使えます。

MasterCardコンタクトレスには対応していない

ほとんど気にするほどでもないですが、メルペイはMasterCardコンタクトレスには対応していません。

コンタクトレスとは、クレジットカード払いなのにタッチで支払いができることを意味します。

メルペイはMasterCardでもあるので、コンタクトレスに対応しているかと思いきや、今のところは対応していないので、MasterCardユーザーは注意しないといけません。

まとめ

いかがでしたか?

メルペイは個人的にとても便利に感じています。

メリットとデメリットそれぞれありますが、やはり売上金やポイントを使えるのがうれしいですね!

特に、メルカリを用いて売買をする人にとってはかなり使いやすいものとなるはずなので、有効活用していきたいですね!