【2020年最新版】LINE Payのメリット・デメリットを徹底解説

誰もがスマートフォンを持っている現在、LINEの普及率は高く、今や若者だけではなく、高齢者の方でもLINEを使っているという人も少なくありません。

そんな中でもLINEが提供している「LINE Pay」というサービスが便利だと話題です!

そこで今回は、LINE Payのメリットとデメリットを総集した記事を書いていきたいと思います。

現在LINEを使っているという人は是非この記事を参考に、キャッシュレス決済について考えてみてください。




LINE Payとは?

LINE Payとは、コミュニケーションツールとして有名なLINEが提供しているキャッシュレス決済方法の一つです。

LINEPay

LINEは今や日本人の72.6%以上が使っていると言われており普及しているSNSツールですが、LINE Payは、LINEの中から使うこともできるため、非常に使いやすいです。

また、全国170万ヶ所以上のLINE Pay導入加盟店や提携サービスで利用できるため、利便性もかなり高いといえます。

LINE Payの大きな特徴としては以下のようなものがあります。

  • 事前にチャージする前払い方式
  • LINEユーザーであれば誰でも登録可能

多くの人が使っているLINEだからこそ、新しくアプリのダウンロードや登録をせずに、手軽にキャッシュレス決済を始められるという特徴があります。

また、コード・スキャン決済に加え、送金・割り勘、公共料金の支払いにも使うことができます。

それでは、LINE Payのメリットとデメリットについてご紹介していきます。

LINE Pay(ラインペイ)のメリット

LINE Payのメリットとしては、以下のようなものが上げられます。

  • 初期登録の費用やチャージ手数料が無料
  • 支払いがスピーディに完了する
  • LINE Payカードを使えばJCB加盟店舗で支払いができる
  • 支払いをするたびにボーナスが貯まる
  • LINEでつながっている友だちと送金や送金依頼、割り勘ができる
  • LINE PayでLINEモバイルの支払が可能

それでは、ひとつずつ詳しくご紹介していきます。

初期登録の費用やチャージ手数料が無料

LINE Payを使用するメリットとして、初期登録の費用や残高をチャージする手数料が無料であることが挙げられます。

初期費用とチャージ費用が無料

他のキャッシュレス決済方法と違い、導入のしやすさは大きなメリットでもありますが、導入しやすいだけではなく、使用者にとって無駄だと思える部分にお金を支払う必要がありません。

そのため、初めてスマホ決済を使用するという人でも、手軽に始めやすいといえるでしょう。

支払いがスピーディに完了する

支払い自体がスピーディに完了するということも、LINE Payを使用するメリットの一つです。

支払いがスピーディ

LINE Payでは自分のスマートフォンでQRコードやバーコードを表示し、それを店舗側に読み取ってもらうだけで決済が完了します。

そのため、支払い時にカバンの中から財布を探す必要もなければ、現金や小銭を出したり、クレジットカードのサインをしたりする必要もありません。

会計に掛かる時間を大幅に短縮することができるだけでなく、財布を持ち歩かなくても買い物ができる可能性もあるため、財布を無くす心配もなく、たいへん便利なサービスといえるでしょう。

LINE Payカードを使えばJCB加盟店舗で支払いができる

LINE Payが提供しているLINE Payカードを使用すれば、JCB加盟店舗で支払いができます。

JCB加盟店舗であれば支払い可能

キャッシュレス決済自体がまだサービスとして日本全体に行き渡っていないため、LINE Payを使用したいと思っても、店舗が対応していないという場合もありあmす。

そんな時でも、LINE PayカードならJCBのクレジットカードが使用できる店舗なら支払いに対応してくれますので、多くの店舗で使用することができます。

また、LINE Payカードはプリペイド方式になりますので、使い過ぎてしまう心配もなく安心して利用することができます。

雨払いなので使いすぎる心配がない

支払いをするたびにボーナスが貯まる

LINE Payを使用するメリットには、支払いのたびにLINE Payボーナスが貯まっていくということも挙げられます。

LINEボーナスが貯まる

そして、このLINE PayボーナスはLINEポイントとして利用することが可能ですし、頻繁にキャンペーンが実施されており、還元率が20%になることなどもあるので、とてもお得です。

なお、LINE Payには「マイカラー制度」という、利用した金額によってランクが変動し、それに合わせてポイント還元率が上がるような仕組みが導入されていました。

しかし、2020年5月よりマイカラー制度が終了し、「LINEポイントクラブ」がスタートしました。

LINEポイントクラブの還元ポイント

LINEポイントクラブでは、過去6ヶ月に獲得したLINEポイントの実績によってランク分けされ、マイランクがあがるほど、特典内容がグレードアップしていきます。

特典内容などは変わることがあるため、詳しくはこちらを御覧ください!
「LINEポイントクラブ」公式サイト

LINEでつながっている友だちと送金や送金依頼、割り勘ができる

LINE Payを使用するメリットとしては、LINEで繋がっている友達との間で送金や送金依頼、割り勘などができるということも挙げられます。

送金や割り勘が簡単にできる

実際にLINEで友人と繋がっていても、お金をやり取りするにあたって銀行口座などを知らないケースは多いと思います。

とはいえ、お金の貸し借りなどを行う場合に、トーク上に自分の情報を残すのは不安という人も少なくありません。

しかし、LINE Payなら、LINE上で送金したり、送金を依頼することができますので、個人情報を聞き出す必要がありません。

LINEPayなら安心

また、友人などとご飯を食べに行ったりしたときなどに、誰かが立て替えて、割り勘の金額を送金依頼するなどの使い方もできます。

割り勘の金額を計算する手間も省けますし、LINEでやり取りするだけなので、とても使いやすい機能といえるのではないでしょうか。

LINE PayでLINEモバイルの支払が可能

LINEモバイルを使用している人のメリットとして、LINE PayでLINEモバイルの支払いができるというのも挙げられるでしょう。

LINEモバイルの支払いが可能

そもそもLINEモバイルとは、LINEモバイル株式会社が提供するMVNOの一つで、簡単に言うと、LINEが販売している格安SIMの一つです

多くの格安SIMでは、クレジットカード決済による支払いを要求されるケースがほとんどです。

また、18歳になったばかりで格安SIMと契約したいと思っても、クレジットカードが作りにくいせいで、利用できる格安SIM業者が限定されてしまうというのもよくある話です。

しかし、LINEモバイルではLINE Payによる支払いが可能なので、クレジットカードを持っていなくても支払いができるため、ややこしい支払いフローを無くすことができます。

以上が、LINE Payのメリットになります。

LINE Payのデメリット

LINE Payのデメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • クレジットカードでは決済ができない
  • 本人確認をしないとすべてのサービスを利用できない

こちらも一つずつご紹介していきます。

クレジットカードでは決済ができない

LINE Payのデメリットとしては、クレジットカードで決済やチャージができないということが挙げられます。

クレカで決済やチャージができない

LINE Payにクレジットカード情報を登録することは可能ですが、クレジットカードからのチャージには対応していません。

そのため、LINE関連のオンラインサービス以外や実店舗での支払いにクレジットカードは使えないので注意が必要でしょう。

クレジットカードを持っていない人にとってはメリットになることですが、逆にクレジットカードを生活の中でフル活用している人にとっては、少し不便に感じてしまうこともあるかもしれません。

どうしてもLINE Payで支払いたいという場合は、LINE Payカードを併用するといいでしょう。

本人確認をしないとすべてのサービスを利用できない

LINE Payを利用するデメリットとして、本人確認を済ませていないとすべてのサービスを利用できないことも挙げられます。

本人確認が必要

本人確認することで利用できるサービスには以下のようなものがあります。

  • LINE間での送金サービス
  • 残高上限の解除
  • LINE Pay の口座残高を銀行口座に出金する

本人確認というと面倒に感じる人がいるかもしれませんが、実際にはLINE Pay上で銀行口座を登録すれば本人確認は完了しますので、それほど大変なことではありません。

LINE Payをフル活用したいのであれば、必ず本人確認を実施するようにしましょう。

以上がLINE Payを使う上でのデメリットになります。

まとめ

今回はLINE Payのメリットとデメリットについてまとめました。

〇〇ペイがたくさんある中で、LINEペイは比較的メリットが多く、使い勝手が良いサービスです。

一方で、他のサービスのように還元やポイント倍増キャンペーンが弱く、少し面倒でもお得に買い物したいと思う人にはあまり向かない部分もあります。

しかし、普段使いにとても優れたサービスだと思うので、長く細々と使っていきたい人にはピッタリなサービスですので、ぜひこの記事を参考に、導入し使ってみてください。