FXを始める前に最低限知っておきたいFXの用語一覧!

FXを行う際に聞きなれない単語が多く、難しいと感じてしまう人は多いと思います。

実際、私も初めて行った時は知らない単語が多く、嫌になりましたし、そういう人は少なくないと思います。

そこで今回は、FXを始める前に知っておきたい用語を紹介します。

難しい用語だからと苦手意識を持たず、用語集のような感じで、この記事を参考にしてみてください。




紹介する用語はこちら

今回ご紹介する用語は以下のものになります。

  • スワップポイント
  • スプレッド
  • レバレッジ
  • 証拠金
  • ロスカット
  • ポジション
  • ロールオーバー
  • 約定・約定日
  • アスク(ASK)
  • ビッド(BID)
  • IFD注文
  • OCO注文
  • ストップリミット注文
  • ストリーミング

聞き慣れない言葉ばかりだと思いますが、どれも大切なものですので、一つずつご紹介していきます。

スワップポイント

スワップポイントとは、2つの通貨を交換するときに生じる金利差調整分のことをいいます。

スワップポイントのイメージ

一般的に低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買った場合、その金利差分をスワップポイントとして受け取ることができます。

また、スワップポイントは通貨を保有し続けると原則毎日受け取る(支払う場合もあります)ことができます。

スプレッド

スプレッドとは、売値と買値の価格差のことで、この価格差が実質的な手数料(コスト)となり、FX会社の利益となります。

その為、FX会社によって各通貨のスプレッドが異なります。

スプレッドの説明

レバレッジ

少ない資金で多額の外国為替取引ができることを、「てこ」の原理になぞらえて「レバレッジ効果」と呼ばれています。

レバレッジを利用することで、最大で資金25倍まで運用を行うことができます。

レバレッジの説明

ポジション

ポジションとは、現在保有中通貨のことを指します。

ポジション

買い持ちの通貨のことを「買いポジション」、売り持ちの通貨のことを「売りポジション」ことをいいます。

証拠金

取引の契約義務の履行を確保するために差し入れる保証金をいいます。

証拠金の使い方

証拠金には、取引成立の際に差し入れる注文必要証拠金と建玉について割り込むことができない建玉必要証拠金の区分があります。

ロスカット

ロスカットとは、損切り(損失を確定させる決済取引)のことです。

ロスカット

損失金額を一定の範囲で抑えることを目的として「ロスカット・ルール」を設けているFX会社が多いです。

ロスカットの目安は資産の80%~50%となり、損失額が口座内の資産、もしくは保証金額に対して一定の割合を超えて増加した際には、自動的に反対売買(決済)がされます。

ロールオーバー

通常、外国為替直物取引は売買の2営業日後に決済が行われるが、ポジションを翌日に持ち越し、決済日を先送りにする方法です。

ロールオーバー

その際、2通貨間の金利差に相当したポイント(スワップポイント)が発生します。

約定・約定日

注文した取引(売買)が成立することをいいます。

約定

取引が成立した日を、約定日といいます。

アスク(ASK)

プライスを提示する側の売値のことです。

提示された側はそのプライスで買うことをいいます。

ビッド(BID)

プライスを提示する側の買値のことです。

提示された側はそのプライスで売ることをいいます。

IFD注文

新規の注文を出すとともに、その注文が約定した場合に有効となる決済注文を同時に出す注文です。

決済注文は、指値注文、逆指値注文、トレール注文、あるいはOCO注文から選ぶことができます。2つの注文の取引数量は同額となります。

OCO注文

指値注文と逆指値注文の2つを同時に出すことができる注文です。

一方が約定したときは、約定していない注文が自動的に取消されます。

2つの注文の取引数量は同額となります。

ストップリミット注文

あらかじめストップ価格とリミット価格の2種類の価格を設定する注文です。

ストップ価格が条件となり、その条件に実勢レートが到達するとリミット注文が有効になります。

ストップ価格に実勢レートが到達していない場合は、リミット注文は有効化しません。

ストリーミング

「買い気配」値(アスクレート:ASK)および「売り気配」値(ビットレート:BID)を同時に表示し、「買い気配」値または「売り気配」値をクリックすることで取引を約定させる注文方法です。

以上が、FX運用を行う上で最低限、知っておきたい用語になります。

まとめ

今回この記事でご紹介した用語は本当に”最低限覚えていて欲しい”用語となります。

実際FXの用語は他にも多くありますので、徐々に覚えていきましょう。

ちなみに私は、知識0の状態でFXを始めましたので、注文方法の仕組みが分からず苦労をした経験や、スワップポイントを知らなかったので、損失を出してしまった経験があります。

ですので、皆さんはそうならないよう、この記事を参考に知識をつけていって頂ければと思います!笑