FXでは必要不可欠!知らないと損するテクニカル分析とは?

FXを初めて行うと、必ずテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析が必要となりますが、普段聞きなれない言葉となり、疎かにしてしまう人が多くいます。

私もFXを初めて行った時は、何一つ用語も知らないのに、勢いで取引を行い失敗しております。

そこで、今回のお金の教科書では、テクニカル分析について紹介していきます。




テクニカル分析とは?

FXで取引をするときには、為替の相場や各通貨の金利が上昇しているのか、下降しているのか予測できなくては売買の判断ができません。

そこで大切なのが、テクニカル分析ファンダメンタルズ分析です。

テクニカル分析とは、これから為替がどう動くのか、過去の価格や取引量といったデータの推移を元にして予測する手法のことを言います。

テクニカル分析とは

そして各国の経済状況や、金融政策などを分析し相場を予測する手法をファンダメンタルズ分析と言います。

ファンダメンタル分析とは

テクニカル分析では主に過去の値動きを示すチャートと呼ばれるグラフを使用します。

為替のレートは、毎日、1分1秒ごとに変化しており、上がった、下がったとみているだけでは、なかなか将来の予測はたてられません。

その為替レートの動きをグラフ化し、変化の方向性を視覚的にわかるようにしたものがチャートです。

チャート見本

引用:FXブロードネット

縦軸に値段を、横軸に時間を取り、過去の価格と比べて、どれくらいの水準にあるのか、上昇しているのか、下降し続けているのかといった値段の水位が時系列で把握できるようになっています。

まずは、シンプルにチャートが右肩上がりなら『値段が上昇している→買いのチャンスか』、逆に右肩下がりなら『値段が下落している→売りのチャンスか』と連想できるようになると良いでしょう。

ファンダメンタルズ分析は、主に長期的な動きを探るのに有効ですが、テクニカル分析は、短期の動きをチェックするのに使います。

通貨に与える経済的要因は数多くあり、世界規模のためすべてをチェックするのは困難です。

そこで主な経済指標だけをチェックして、あとはテクニカル分析で取引するのがFXにはふさわしいと言えるのかもしれません。

特にデイトレードやスキャルピングなどの短期トレードの場合は、刻一刻の値動きが重要ですので、このチャートを使った分析が欠かせません。

テクニカル分析のメリットとデメリット

チャートを使ったテクニカル分析には大前提があります。

価格の推移を元にするテクニカル分析には『過去のパターンは将来も繰り返される可能性が高い』ということです。

テクニカル分析の大前提

似たようなパターンを見つけることができれば将来の予測もできるようになるでしょう。

またチャートには投資家の心理が反映されていると言われており、なぜなら、投資家もテクニカル分析を使用して取引を行っているからです。

投資家もテクニカル分析を使用して取引を行っている=市場心理を読み取ることができるようになる

このように、テクニカル分析では経済の知識が深くなくても行えて、市場の心理を読み取ることができるようになり、目先の動きを把握できるようになるというメリットがありますが、デメリットもあります。

まずは経済状況の変化によるトレンド転換をつかめないということ、急な動きには弱い、ということです。

テクニカル分析のデメリット

テクニカル分析はあくまで過去のチャートの動きから相場の動きを予測するので、予測外の動きには強くありません。

そして必ずしも分析通りに相場が動くとは限らないということです。

いくら分析して売買サインが出たとしても、反対に相場が動くことをダマシといい、読み違うこともあります。

そのため、1つの方法にこだわり過ぎず、他の分析もしていくことが重要です。

テクニカル分析の種類

テクニカル分析には大きく分けて『トレンド系』と『オシレーター系』の指標があります。

テクニカル分析には大きく分けて『トレンド系』と『オシレーター系』の指標があります。

トレンド系には主にローソク足チャートや移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンドなどがあり、今後の方向性やトレンドを掴むために使用され、どちらかというと順張りのトレードスタイルに適しています。

オシレーター系とは、価格の絶対水準とは関係なく、相場の買われ過ぎ、売られ過ぎを数値で表し、相場の転換点を探る指標です。代表的なものはRSI、MACD、ストキャスティクスなどがあります。

下がり過ぎや上がり過ぎによる反発などを狙いやすいので、逆張りのトレードスタイルに適しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・チャート分析を行っていくことで、FXでの勝率をあげていくことができますので、この機会にテクニカル分析を覚えて頂ければと思います。