FXスイングトレード運用とは?初心者が知っておくべきスイングトレードの特徴

以前の記事(FXデイトレード運用とは?初心者が知っておくべきデイトレードの特徴)で、FXのデイトレードは初心者におススメと言いましたが、実は、スイングトレードという運用方法もおススメなんです!

ちなみに私はデイトレードとスイングトレードを合わせての運用が得意で、実際に勝つことができています。

そこで、今回のお金の教科書ではスイングトレード運用の特徴と注意点を紹介していきたいと思います。

私のように他の運用方法と組み合わせて使うという人もいると思うので、ぜひこの記事でスイングトレードについてを学んでくださいね!




FXスイングトレードとは

スイングトレードとは数日から数週間の相場を予測して、利益を出していく手法となります。

スイングトレードとは

中期的なトレードスタイルで、1回のトレードで大きな利益を狙うため、取引回数はあまり多くありません。

スキャルピングやデイトレードと大きな違いとしては、新規注文から決済までの期間が長い点にあります。

スキャルピングやデイトレードの違い

トレーダーやタイミングにもよりますが、2・3日ポジションを保有している人もいれば、長い人だと数ヶ月以上保有しているトレーダーもいます。

専門知識がない初心者の方にとっては、数ヶ月後の動向を予測するのは難しいと思うので、数日から、長くても1週間前後の保有をおススメしています。

ちなみに2018年に行われた金融先物取引業協会の調査によると、トレーダーの50.1%がスイングトレードを基本にして取引をしているようで、私もおこなっていますが、平均すると3日前後の保有が多い傾向にあります!

FXスイングトレードがオススメな人

スイングトレードをおすすめできる人には以下のような傾向があります。

  • トレンド分析を行える人
  • 損失が出ていても我慢できる人
  • Twitterやアナリストの情報を調べることができる人
  • レバレッジを抑えて運用ができる人

それでは一つずつご紹介していきます。

トレンド分析を行える人

専門的なトレンド分析を行うのは当然難しいですが、最低限の知識をつけてトレンド分析をきちんと行える人におススメです。

トレンド分析が行える人はスイングトレードに向いている

トレンドラインやエリオット波動論などの分析方法がありますが、トレンドラインは必須で覚える必要があります。

損失が出ていても我慢できる人

スイングトレードは中期的な取引を行うため、タイミングによっては損失が出てしまいます。

損失が出た時に焦って損切りをするのではなく、分析を信じて我慢をしていく必要があります。

損失が出ていても我慢できる人はスイングトレードに向いている

また、売りで入った場合などはスワップポイントで毎日マイナスが発生するケースもありますが、スワップポイントのマイナスに焦ると失敗します。

そのため、一時的な損失に焦らず我慢ができる人に向いています。

損切りのタイミングを見失うと、一気に大損失を受けてしまう可能性がありますので、損切りのタイミングは事前に決めておきましょう。

ちなみに私自身、無駄に粘った結果1度の取引で40万円の損失を出したことがあります。

Twitterやアナリストの情報を調べることができる人

トレンド分析だけでなく、TwitterなどでFXの情報を発信しているトレーダーさんは非常に多くいますので、トレーダーさんの発信を調べてトレンドの動向を把握していくことで、勝率をあげていくことができます。

情報を調べることができる人はスイングトレードに向いている

コツコツと情報を調べることが利益に繋がっていきますので、毎日ある程度の時間を取って情報を調べられる人の方がスイングトレードに向いているでしょう。

レバレッジを抑えて運用ができる人

スイングトレードは中期的な運用となるため、想定が外れた時の損失が大きくなります。

そのため、リスクを減らすために、レバレッジはある程度抑えて運用を行うことをお勧めします。

FXスイングトレードがオススメできない人

以下のような傾向にある人は、スイングトレードをおすすめできません。

  • 分析や情報収集が苦手な人
  • スワップポイントを狙いたい人

こちらも一つずつご紹介していきます。

分析や情報収集が苦手な人

デイトレードやスキャルピングなどと異なり、ある程度動向を知らないと利益を出すのが難しいため、日々の分析や情報収集が苦手な人にはおススメしないです。

スワップポイントを狙いたい人

スイングトレードでも、スワップポイントを得ることができますが、基本的に大量のロットを抱え込んだり、長期間ポジションを保有しないため、スワップポイントはオマケみたいなものとなります。

FXスイングトレードのコツ

スイングトレードで利益を出すためのコツとしては以下のようなものがあります。

  • 大きなトレンドに沿って運用をする
  • 利食い/損切りの設定
  • 日足と週間チャートにも注目

大きなトレンドに沿って運用をする

トレンド相場は一度発生すると、一定期間継続していく傾向にありますので、トレンドを追いかけて運用をしていくのが効果的です。

トレンドを追いかけて運用する

利食い/損切りの設定

スイングトレードでは、チャートに張り付いて運用をしないため、利食いと損切りルールを明確に決めておき、自動で決済されるように設定をしておきましょう。

特にスイングトレードは週を跨ぐケースも多く、月曜の朝に起きたら大暴落していることもありえますので、利食い/損切りの設定は必ず行ってください。

日足と週間チャートにも注目

スイングトレードは中期的な運用となりますので、1分足や5分足のチャートだけではなく、日や週単位でのトレンド分析を行い、新規エントリーを行っていく必要があります。

1分足や5分足はダマシとよばれるチャートも多く、プロでも騙されてしまうため、1分足や5分足だけではなく、必ず日足と週間チャートも分析しましょう。

まとめ

スイングトレードは初心者でも勝てるおススメの運用方法ですが、ポジションを保有する期間が長くなれば成程、予測が難しくなるため馴れるまでは、数日前後での取引を行うことをお勧めします。

1つの運用方法だけでなく、複数の運用方法を駆使することで、より効果的に利益をあげていくことができますが、その分負けるリスクも増えていきますので、馴れるまでは小ロットで練習を行い、焦らず行っていくのがコツです。

個人的には、デイトレードをベースにスイングトレードを行っていくのがおススメです。