FXスキャルピングはスマホでもできる!?その実態とは!

FXの運用手法の中でも短時間で取引を行う「スキャルピング」というのがあります。

一方で、FXトレーダーに限らず、今や誰でも持っているスマートフォン。

そんな中、スキャルピングをスマホで行うことはできるの?と思った方も少なくないのでは?

そこで今回のお金の教科書は、スキャルピングをスマホで行うことは可能なのか?という部分を中心にご紹介していきます。

これができれば移動中の取引もできちゃいますので、これからスキャルピングでFX取引を行おうと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。




スマホでFXスキャルピングはできる?

結論からいうと、スマホからFXスキャルピングを行うことは可能です。

スマホでスキャルピングを行うことは可能

現在、国内外のFX業者がスマホ用のアプリを提供しており、サラリーマンや主婦など日中別の仕事をしている人は副業でスマホ取引を活用しています。

スマホを使うことで、通勤時間や休み時間などにスマホを使ってレートチェックをすることもできます。

また、最近はアラート機能なるものがありますので、前もって設定していたレートになったらアラートを鳴らしてスマホでチェックするなんてこともできます。

しかし、スマホで取引を行うデメリットとして、物理的な画面サイズがスキャルピングに不向きではあります。

スマホはスキャルピングに不向き

最近のスマホは多少画面が大きくなっていますが、パソコンに比べるとやはり小さいものですし、チャートで表示できるローソク足の本数が少なくなります。

また、操作方法がパソコンに比べてエントリーがちょっと煩雑だったりします。

その点でいうと、短時間で取引を繰り返すスキャルピングは、難しいかもしれませんね。

スマホでFX取引をする際はMT4

MT4というアプリを使うことで、スマホでも簡単にFX取引を行うことができます。

MT4では以下のようなことができます。

  • 売買取引
  • チャート分析
  • 取引履歴確認
  • 資金履歴確認

資金の入出金以外のことはほぼスマホのMT4アプリで可能で、チャート分析についても、一般的なテクニカル分析を行うことができます。

テクニカル分析に関しては以下の記事でもご紹介しているので参考にしてみてください。
「内部リンク」

MT4に関してはパソコン版もありますので、まだ使ったことが無いという人はこれを機に調べてみるのが良いでしょう。

スマホでFXスキャルピングを行うコツ

スマホでスキャルピングを行う際は、以下のコツをまずはじめに意識してください。

  • 小さな画面に慣れる
  • エントリールールと決済ルールを明確にする

一つずつご紹介していきます。

小さな画面に慣れる

パソコンと同じような画面表示ができるようになっても、画面の大きさが違うため、見づらいと感じる人も少なくありません。

ですので、あらかじめ画面の大きさに慣れておきましょう。

あらかじめスマホの画面の大きさに慣れる

機能としては十分ですが、小さな画面の中で最適なエントリーポイントを見つけるには、ある程度の経験が必要になります。

そのため、エントリーポイントを見つけるためにもあらかじめどのように見えるかなどに慣れておきましょう。

エントリールールと決済ルールを明確にする

スマホを使ってスキャルピングをするコツとしては、パソコン以上に「エントリールールと決済ルール」を明確にする必要があります。

ルールとは、このインジケーターがこうなったらエントリーする、損切ポイントはここなどです。

あらかじめルールを決めておく

パソコン上と違って、成り行きでポンポンとトレードがしにくいですから、成り行きでエントリーしたとしても、利確や損切も指値注文しておきましょう。

パソコン版MT4であれば、MT4のチャート上からワンクリック注文が可能ですが、スマホ版MT4では、それができません。

このワンクリック注文ができるか、できないかの違いがある意味で最も重要なポイントになりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちょっとした隙間時間に取引ができるのは非常に心強いです。

しかし、慣れて無いうちに取引をしてもうまくいかず、損してしまっては元も子もありません。

そのため、すぐに取引をするのではなく、この記事で紹介したコツを意識してから、取引を行いましょう。