FXスキャルピングでの損切り幅を見極めて利益を出そう!

小さな利益を積み重ねていくスキャルピングでは、大きな損失を出すと、取り返すのにかなりの労力がかかってしまいます。

もちろん、損失を出さないのが一番ですが、そうはいってもなかなか難しいですよね。

そこで今回のお金の教科書は、FXスキャルピングの損切りについてを紹介します。

スキャルピングで利益を生み続けるためにも、ぜひこの記事を参考に、損切りについてを学んでみてはいかがでしょうか?




そもそも損切りとは?

損切りとは文字どおり「損失を切る」、つまり「ポジションの損失を確定させる」という意味です。

損切りとは

含み損は放置していると、ますます膨らんでロスカットを受けてしまう恐れがあります。

そのため損切りを行い、損失の増大を防ぐんです。

もちろん、損切りを行うことで証拠金が減ってしまうため、なるべくならやりたくないと思う人も多いとは思いますが、利益の小さいスキャルピングにおいては、損切りは特に重要になりますよ!

損切りのルールを決める

スキャルピング自体は時間としては、数分、場合によっては数秒で決済まで済ませてしまうようなトレードスタイルですので、予め損切りのルールを決めておくことが重要です。

損切りのルールを決めておく

たとえばUSD/JPY(米ドル/円)であれば、数銭といった単位になります。仮に1,000通貨を売買したら、利益は数十円。

実際にはFX業者は1ロット10万通貨(あるいは1万通貨)というロット単位での取引を提供しているので、仮に1ロット10万通貨でスキャルピングを行えば、利益は数千円となります。

しかし為替相場が見込みとは逆に動いてしまうと、わずか数pipsの損失でもすぐに数千円の含み損が発生しますね。

そのまま損切りせずに保有を続けてしまうと、簡単に万単位の損失が生じます。

そこで重要なのが、損切りのルールを決める上で「損失の値幅に制限を設ける」事です。

損切り幅の目安

FX初心者の方は、利幅と損切りの幅を同じ幅で設定してみましょう。

損切り幅

そもそも通常のFXトレードの損切りの目安の幅は、利幅よりも狭く設定することが一般的です。

しかし取引回数が多く、勝率が必然的に高くなるスキャルピングでは、利幅よりも損切りの幅が多少大きくなっても構いません。

ですので、例えば利益の幅が5pipsなら、『損切りの幅も5pipsにする』というルールを決めます。そして含み損が5pipsになった時点で、潔く損を確定させて決済してください。

そしてスキャルピングに慣れてきたところで、損切りの幅を多少広げてみましょう。

ただしその場合は、勝率が50%の場合は負け越してしまいますのでご注意ください。

なぜスキャルピングは損切りが重要なのか

スキャルピングにおいて、損切りの重要性は以下の2つがあります。

損切りが重要な理由

次のトレードへの資金確保

損切りを行うことで、次のトレードへの資金を確保することができます。

損切りできずに含み損を抱えている間に、次のエントリーのチャンスが到来する可能性があります。

しかし、チャンスが来ても「損失を確定させたくない」と悩んでいるとチャンスを逃すだけでなく、相場がさらに下落して含み損が大きくなるというダブルパンチをくらってしまう可能性もあります。

ですので、損切りを行うことで、損失を確定させることにはなりますが、次のトレードでチャンスを掴むことができますよね。

貯めた利益を一気に失わないため

損切りをせずにいると、含み損が大きくなってしまい、これまで積み上げてきた利益がすべてなくなってしまう可能性があります。

スキャルピングは1回あたりの利益が少ない代わりに、回数を行い利益を出していく手法です。

ですので、含み損を放置し、貯めた利益以上の損失になって仕舞う前に、損切りを行うことで、利益を守ることにも繋がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もちろん、スキャルピングに慣れてくれば、損切りのルールを独自に変えて取引を行うのも問題ないと思います。

しかし、初心者のうちは、あらかじめ損切り幅を決めておくことで、いざという時に利益を失わずに済むこともあります。

言い方を変えれば、損切りの管理がしっかりできれば、スキャルピングで利益が出るという人もかなり多いと思います。

ですので、利益を積み上げFXを楽しむためにも、ぜひ損切りについてをもう一度考えてみてください。