FXに潜む6つのリスクとは?FXのリスクを詳しく解説!

FXを知らない人にとっては、FXはリスクが高いと思っている人も少なくないかと思います。

もちろん、何事にもリスクはあり、それはFXでも例外ではありません。

しかし、どんなリスクがあるかを知っておくことで未然に回避することもできますよね。

そこで今回のお金の教科書は、FXにおけるリスクについてをご紹介していきます。

ぜひこの記事を参考にどんなリスクが有るのかを学び、未然に防ぐために役立ててください。




FXにおける6つのリスク

FXには以下の6つのリスクがあげられます。

  • 為替変動リスク
  • レバレッジリスク
  • 流動性リスク
  • スリッページリスク
  • 心理的リスク
  • システム障害リスク

それでは一つずつご紹介していきます。

為替変動リスク

FXは為替によって利益や損失などが決まります。

そのため、FX自体が常に為替変動による損失を負うリスクがあります。

為替変動リスク

為替に関しては、予知能力でもない限り100%変動を当てることはできません。

ですので、「為替の動きを100%予測できるように改善していく」ことしかできません。

これに関しては経験なども左右してきますが、例えば取引の時間帯を意識したり、チャートの見方を意識することで、変動の予測精度があがることもあります。

レバレッジリスク

『レバレッジ』とはFX最大の特徴で、自分の資金を倍増させる仕組みのことを言います。

このレバレッジにおける注意点は、利益だけでなく損害も倍増させてしまうという点です。

レバレッジリスク

レバレッジは少ない元手で多くの利益を得るための方法ですが、損失自体も大きくなってしまい、FXがハイリスクというのはこのイメージによるものが大きいと思います。

レバレッジリスクに関しては、初めのうちは3~4倍程度の範囲でかけていきましょう。

FX取引に慣れていないうちに、高すぎるレバレッジをかけてしまうと、動く金額の大きさに平常心を保てなくなって、取引に悪影響が出てしまいます。

基本的に10倍以上がハイレバレッジと言われるので、取引に慣れるまでそれ以上はかけないようにしましょう。

流動性リスク

「流動性リスク」とは、市場に参加している取引人数が少なく自分が指定した日時・価格で決済しづらくなることです。

例えば、「○○時に▢▢円分通貨を売りたい」と思っていても、参加人数が100人の時と10人では、後者の方が、買い手が圧倒的に少なく取引が成立しない可能性が高くなります。

流動性リスク

つまり、流動性=取引のしやすさ となり、流動性が高ければ取引は成立しやすく、低ければ成立しづらくなります。

これに関しては、例えば多くの人々が扱っているメジャーな通貨を選んだり、カバー先の多いFX業者を選んだりという施策でリスク回避になると思います。

スリッページリスク

『スリッページ』とは、注文した時の価格と実際に約定価格に違いが出る現象のことです。

トレーダーが注文ボタンを押してから、その注文がFX会社のシステムに到着して約定するまでのわずかな間に為替が動いてしまうため、このような現象が起こってしまいます。

スリッページリスク

スリッページ自体、全く発生させないというのは流石に不可能ですが、対策することは可能です。

例えば、約定力の高いFX業者を選びしっかりと約定することでスリッページリスクを回避することができます。

心理的リスク

FXでは心理的な要素が非常に重要になってきます。

しかし、利益に焦りすぎることで取引に失敗してしまうなどの心理的リスクがあります。

心理的リスク

FXで勝つためにはこの心理的リスクは意外と大きいため、対策として、経てば、自分の中でのルールを決める、等が大事になります。

例えば、取引する前と取引している途中での心情の変化に左右されないために、○○円損したら損切りするなどの「これだけは絶対守る!!」というルールを決めておきましょう。

システム障害リスク

これはその名の通り、システム障害によって、例えば為替の急変時に取引出来ない状態が続くと、含み損が膨れ上がってしまう等のリスクです。

システム障害によるリスク

FXはネット回線を利用し行うものですので、システム障害は十分に考えられるものです。

システム障害への対策としては、複数口座を持ち資産を分散させるのが良いでしょう。

例えば、投資資産が100万円ある場合であれば、1社に集中させて保管しておくのではなく、2社に50万円ずつ分散させておいたほうが安心です。

もちろん、分散させておく先のことも調べる必要がありますので、少し手間はかかりますが、リスクヘッジのためなので、仕方ないですね。

以上が、FXにおける6つのリスクになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

FXにはそれなりのリスクがありますが、それを回避する方法もちゃんとあります。

お金が関わってくる為、少しでもリスクは避けておきたいものですよね。

この記事がリスク回避の役に立つとうれしいです。