国内FXと海外FXの違いを徹底解説!お得なのはどっち?

FX業者には国内と海外の2種類があるのをご存知でしょうか?

しかし、どちらがどう良いかというのは、実際に比較してみないとわからないと思います。

そこで今回のお金の教科書は国内と海外のFXの違いについてをご紹介していきます。




国内FXと海外FXの大きな違い

大きな違いとしては以下のようなものがあげられます。

  • ゼロカットシステムの有無
  • レバレッジの倍率
  • 税率
  • 取引プラットフォーム
  • 取引システム

ゼロカットシステム

ゼロカットシステムとは以下のようなものになります。

「FX業者による都合で強制ロスカットが正常に機能せずに口座残高(=口座入金額)以上の損失が発生した場合、FX業者が口座のマイナス残高を0に戻してくれるシステム」

ゼロカットシステム

国内のFX業者にはゼロカットシステムはありませんが、海外のFX業者にはゼロカットシステムがあります。

FXでは通常、強制ロスカットというものが存在し、例えば証拠金維持率が20%以下になれば今持っているポジションが強制的に即時決済される、というような感じのものになります。

稀に予想もできない早さで相場が急変動することがありFX業者側のシステムの都合で「強制ロスカット」が正常に機能しないケースが起こってしまいます。

その時、自分が口座に入金した金額(=証拠金)以上の損失が出てしまうと、本来ならばそのマイナス分を追証という形でFX業者に支払う義務があります。

しかし、「ゼロカットシステム」を採用しているFX業者であればそのマイナスを業者側が補ってくれるのでトレーダーが追証を支払う必要がありません。

つまり、最大損失額は「自分が入金した口座入金額分まで」になります。

レバレッジの倍率

簡単に言うとレバレッジは以下のような違いがあります。

レバレッジの差

レバレッジとはFXの大きな特徴の1つで、少ない元手資金(=証拠金)で数十倍~数百倍の大きな金額の取引をさせてもらえる仕組みです。

普通の現物ベースで考えると10万の資金しか用意できない人は10万円の取引しかできませんが、このレバレッジの仕組みを利用すれば10万円しか用意できない人でも100万分・1,000万分、さらには1億分の取引も可能です。

レバレッジはFXの魅力の一つといっても過言ではありません。

それにしてもこれだけの差があれば、勝負どころで一攫千金を狙うのも夢ではないような気がしますね。

税率の違い

海外口座を利用した場合は雑所得に分類され超過累進課税が適用されるので利益に応じて税率が「最大55%」になってしまいますが、国内口座だとキャピタルゲイン課税が適用されるためどれだけ稼いでも「一律20%」で済むという違いがあります。

税率の差

しかし、海外の方が税率が高いといっても、年間420万以上稼げて始めて「超過累進課税(海外FX口座)」の税額が高くなるのです。

それよりも利益が少ないうちは、なんと超過累進課税(海外FX口座)の方が税率が低い結果になります。

取引プラットフォーム

国内のFX業者では基本的に自社のプラットフォームやチャート分析ツールを利用する形になりますが、海外では「MT4」という取引プラットフォームをメインに使っていくことが多いです。

日本を除く世界中の多くのトレーダーがこのMT4という世界標準のチャート分析ソフト使って取引しており、極端に言えばMT4を使っていないのは日本人くらいかもしれません。

取引システム

国内FX業者の多くは「DD方式」を採用し、海外FX業者の多くは「NDD方式」を採用しています。

DD方式とはDealing Desk方式の略で、業者内にディーリングデスクを設置してFX業者と顧客(トレーダー)とで「直接取引」する方式のことです。

一方で海外FX業者の多くで採用されている「NDD方式」とは、No Dealing Desk方式の略でその名の通り業者内にディーリングデスクを置かずにトレーダーの注文をそのままインターバンク市場に流す方式のことです。

簡単に言うと、FX業者の動き方に違いがあり、トレーダーからの注文をFX業者がインターバンク市場に流すか、流さずにFX業者内で取引するかの違いになります。

DD方式とNDD方式の違い

まとめ

今回、記事でご紹介したことをまとめると以下のようになります。

国内と海外のFX比較表

海外と国内の違いを比較し、自分にあったFX業者を選ぶための参考にして頂ければ幸いです。