FXの「マージンコール」と「ロスカット」を分かりやすくご紹介!

FXを行うには、証拠金対策が必要となり、あらかじめFX会社へ証拠金を入金して、証拠金の額に応じて適切なレバレッジでトレードする事になります。

そのため、極端に言えば証拠金1万円でもトレードを行う事が可能となります。

そして、証拠金がどんどん増えていけばそれだけ取引可能な資金が増えていきますので、結果としてより多くの為替差益を稼げる可能性が高くなります。

ただ、負け続けると証拠金がゼロになる可能性がありますが、その前にFX会社からマージンコールやロスカットと呼ばれている連絡が来ます。

実はこのマージンコールとロスカットを理解することが重要です。

今回のお金の教科書では、マージンコールやロスカットの説明をしたいと思います。




マージンコールとは?

FXトレードでは、自社の顧客の証拠金がある一定以下に減らないように、FX会社のトレードシステム内に証拠金がこのレベル(マージンコール)になったら警告を出す機能が組み込まれています。

マージンコールとは

そして、マージンコールレベルになった場合、顧客に警告が行く事になり、このマージンコールが来たら顧客はFX会社へ追加の証拠金を入れる必要が出てきます。

ですが、このマージンコール、後述するロスカットとは異なりコール自体に強制力はありませんので、マージンコールが来たから必ず証拠金を入金する必要はありません。

マージンコールに強制力はない

ただ、マージンコールはロスカットへの入口となり、そのまま放置していれば今後必然的にロスカットに繋がります。

ですので、出来る限り追加の証拠金を入れる必要があります。

マージンコールレベル

マージンコールレベルとは、マージンコールを出す証拠金の残高レベルの事ですが、このレベルは各FX会社によって異なっており、大抵は各社必要証拠金の50~70%前後に設定している場合が多くなっているようです。

マージンコールの基準

例えば、必要証拠金が200,000円の場合には、証拠金残高が100,000~140,000円以下になったらマージンコールの警告が来る事になります。

必要証拠金200000円の場合のマージンコール

ただ、これはあくまで大抵のFX会社になりますので、より正確なマージンコールの基準は取引しているFX会社でご確認下さい。

マージンコールと同様に、FX会社では自社の顧客の証拠金がある一定以下に減らないように、FX会社のトレードシステム内に自動的に損切り注文(ロスカット)を行う機能が組み込まれています。

このロスカットはFXにおいて重要な要素ですのでしっかり理解しておきましょう。

ロスカットとは?

先程のマージンコールと同様に、FX会社では自社の顧客の証拠金がある一定以下に減らないように、FX会社のトレードシステム内に自動的に損切り注文(ロスカット)を行う機能が組み込まれています。

そして、FX会社のシステムによりこのロスカットが決行されると、今まで保有していた全てのポジションが一斉に強制決済されて、保有していたポジションが全て無くなる事になります。

つまり、ロスカットが行われてしまうと、証拠金がほとんど無くなってしまい、保有していたポジションも無くなってしまう、つまりFXトレードにおけるどん底状態になってしまいます。

ロスカットが行われると

ですが、後述するロスカットレベルによっては、多少なりとも証拠金が残りますので、残った証拠金で再出発出来る可能性もあります。

ただ、時には突如とした大暴落や大暴騰などによって、FX会社のシステムでロスカットの処理が間に合わず証拠金以上の損失が出る可能性があります。

ですので、証拠金が無くならない様に、資金には余裕を持ったポジション管理を行った方が良いです。

ロスカットレベル

先程のマージンコールレベルと同様に、このロスカットレベルも各FX会社によって異なっており、大抵は各社必要証拠金の20~30%前後に設定している場合が多くなっているようです。

ロスカットレベル

例えば、必要証拠金が200,000円の場合には、証拠金残高が40,000~60,000円以下になったらロスカットされる事になります。

ただ、これはあくまで大抵のFX会社になりますので、より正確なロスカットレベルの基準は取引しているFX会社でご確認下さい。

まとめ

マージンコールやロスカットはFX会社によって設定が大幅に異なりますので、必ずFX会社の設定を確認してから取引を行いましょう。

私ははじめて利用したFX会社が楽天FXだったのですが、楽天FXはロスカットの設定を証拠金維持率70%にすることができ、それでなれていたため、他のFX会社を利用した際に証拠金維持率100%だったのを知らなく、ロスカットされて大損したことがあります。

このような失敗から学んだことを記事にしていますので、今回ご紹介した内容はぜひ参考にしてただければと思います!