【FX初心者必見!】知らないと怖いFXの円高・円安とは?

テレビやインターネットで、今日は円高になっていますね、円安になっていますね、などと聞くかと思いますが、何がどうなって円高なのか円安なのかが分からない方も少なくないと思います。

さらに言えば、現在は円高なので輸入関連商品や企業、さらには海外旅行には有利だが、反対に輸出関連商品や企業には不利になるという話も聞いた事があるのではないでしょうか?

今回のお金の教科書では円高や円安について、その意味やなぜ円高では輸入や海外旅行が有利なのか、などをご紹介していきます。

FXにおいて、現在の為替相場が円高になっている、または円安になっている事を知る事はとても重要になってきますので、ぜひこの記事を参考に、知識をつけてください。




円高や円安の意味とは?

円高や円安の意味ですが、現在日本円が海外の通貨に対してその価値が高いのか、それとも安いのか?になります。

円高、円安の意味

例えば円高の場合、今まで米ドル円(以下USDJPY)が1ドル100円だったのに対して、今日は90円になったとします。

この場合、今までUSDJPYを1ドル100円出さないと買えなかったものが、今日は1ドル90円で買う事が出来ますよね?

円高だと安くなる

つまり、今までよりも1ドル=10円安く買う事が出来るのです。

10円安いと聞くと何だか日本円の価値が安くなったと勘違いされる方もいるようですが、実際には1ドル買うのに10円少なく済みますので、結果日本円の価値が高く=円高になるのです。

反対に円安の場合、今まで米ドル円(以下USDJPY)が1ドル100円だったのに対して、今日は105円になったとします。

この場合、今までUSDJPYを1ドル100円出さないと買えなかったものが、今日は1ドル105円出さないと買う事が出来ません。

円安だと高くなる

つまり、今までよりも1ドル=5円も多く出さないと買う事が出来ないのです。

5円多くと聞くと何だか日本円の価値が高くなったと勘違いされる方もいるようですが、実際には1ドル買うのに5円多く出す事になりますので、結果日本円の価値が安く=円安になるのです

という事は、簡単に言えば円の数字が下がったら円高、円の数字が上がったら円安と考えれば覚え易いと思います。

何故円高では輸入や海外旅行が有利なのか?

これについては、先程の円高の部分を思い出していただければ話は簡単かと思います。

例えば、現在のUSDJPYが1ドル100円だったとします。

この時に100ドルの商品を輸入した場合、100円×100ドル=10,000円の支払いになりますが、これが1ドル90円になれば90円×100ドル=9,000円の支払いで済む事になります。

円高になると得する理由

つまり、円高になれば支払いが少なく済みますので、結果輸入商品や輸入企業が有利(儲かる)事になるのです。

また、海外旅行ですが、例えばハワイに行って10ドルのお土産を買ったとします。

この場合、1ドル100円であれば100円×10ドル=1,000円の支払いですが、これが1ドル90円であれば90円×10ドル=900円の支払いで済むからです。

ちなみに、円安になればこれとは逆になります。

つまり、輸出企業が有利になる一方、海外旅行では円高と比べて余計なお金を支払う事になりますので、不利になります。

FX相場ではごく稀に大暴落が起こる

長らくFXトレードを行っていると、ある日突然クロス円の為替レートが雪崩のように下落または逆に大暴騰する場面に出くわす場合もあります。

もっとも、こういった大暴騰や大暴落は1年に何回もあるという訳ではありません。

ここ数年で一番酷かった大暴落は、日本国民であれば忘れもしない2011年3月17日の大暴落です。

2011年3月17日と言えば、東日本大震災が起こってから6日後ですが、通常、地政学的リスクがあると該当国の通貨が売られるため、東日本大震災が原因であれば大暴落ではなく大暴騰になるはずですが、何故かこの時は大暴落になりました。

最近では2019年12月にポンド円が大荒れしていましたね。

ちなみに私はポンド円の波に乗ろうと思いましたが失敗して1日で約40万円の損失を出しています。

為替相場の大暴落に対処するためには?

大暴落に対処する方法は以下の2つだけになります。

  • FX口座の資金に余裕を持たせる
  • ストップ注文を設定しておく

一つずつご紹介していきます。

FX口座の資金に余裕を持たせる

口座内の証拠金がなくなり、強制ロスカットを防ぐために資金に余裕をもたせておく必要があります。

資金に余裕をもたせる

通常時は証拠金維持率が150%あれば安心できますが、私は万が一のことを備えて250%程をいれておきたいです。

ストップ注文を設定しておく

これ以上の損失が出たら損切りするというラインを事前に決めておき、ストップ注文を設定しておくことで、大暴落に対処することができます。

ストップ注文を設定する

特にFX初心者の方は、いきなり大暴落や大暴騰が起こってからでは対処する事が難しくなりますので、事前のリスク管理が非常に重要になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

円安や円高などは日によって変わるため、FXで取引を行う際は今日がどのような状態7日を把握しておいたほうが良いでしょう。

とはいえ、円安や円高などを気にしすぎてチャンスを逃してしまうのはもったいないので、この記事を参考に、概念として頭にいれておいていただければと思います。