FX初心者の主婦必見!主婦がFXで失敗する5パターン

主婦の方で副業のために、FXをする人が増えております。

専門的な知識がなくてもFXを行うことができますが、FXは投資なので稼ぐことができる人もいれば、損をしてしまう人ももちろんいます。

今回のお金の教科書では、私の失敗経験をもとに、主婦がFXで失敗する5パターンを紹介していきます。

実体験に基づいた記事になりますので、是非役に立ててください!




ポジポジ病になる

ポジポジ病とは、株式投資やFXなどの投資で、常にポジションを持っていたいと考えてしまうことを言い、自分のトレード行動や過剰トレードを制御できない状態になり、トレード計画を無視した計画以上の投資を行ってしまいます。

ポジポジ病とは

私も、ポジションを持っていないと損すると思い込んでしまい、無理してポジションを持ってしまい、損失を出してしまったことが何度かあります。

ポジポジ病は、ギャンブル依存に似ており、依存すればするほど負けてしまうので、気を付けましょう。

ポジポジ病を治す最良の方法は、トレード記録を分析することにあります。

どれだけ損失を出しているのかを、明確にして冷静に見直してみましょう。

通貨の特性を知らないで取引をしている

通貨の特性を知らないまま取引をしてしまうと、痛い目に合うことがあります。

通貨の中には金利は安いが安定しているものや、金利が高く普段は変動が少ないがリスクが高いものなどの通貨によってそれぞれの特徴が存在します。

また、通貨が変動する要因や要人の発言発表などを把握していないと、取引のタイミングを逃してしまうケースや大損してしまうことがあります。

通貨によって特性が違うため、取引のタイミングが変わってくる

そのため、通貨の特性は最低限理解しておく必要があります。

通貨別の記事がありますので、参考にしてください。
「FX初心者必見!ユーロ通貨の特徴と注目イベントとは?」
「FX初心者必見!米ドル通貨の特徴と注目イベントとは?」
「FXトレードする前に知っておきたい日本通貨の特徴と注目イベントとは?」

ギャンブル思考になってしまう

FXで怖いのが、ギャンブル思考になってしまうことです。

FXで利益を出している人でも、勝率100%の人はいないと言い切ることができ、必ず損失が出てしまうことがあります。

損失が出た時に「この損失を取り戻さないと」という心理が働き、勢いで売買したり、損失が出たから次は相場が戻るはずと期待してしまい、根拠のないトレードを行ってしまうことがあります。

根拠のないトレードを行う、ギャンブル思考になってしまう

私も、初めて数万円の損失を出した時に、焦って変動がそろそろ戻るという根拠の期待で追加投資してしまい、結局損失を大きくしてしまったことが何度もあります。

根拠のないトレードはギャンブルと同じです。

このギャンブル思考になってしまうのが、FXでは一番怖いと私は思っています。

レバレッジをかけ過ぎる

レバレッジは小額で何倍ものお金をかけて取引ができるので、レバレッジを増やせば増やすほど、勝った時の利益を増やすことができますが、逆に負けた時の損失も大きくなります。

レバレッジをかけすぎてしまい、負けた時の損失も大きくなってしまう

あなたがお金持ちで、何十万も負けても全く問題ないのであればいいのですが、普通の主婦が何十万円も負けたら困りますよね?

普段は調子がよくても、今回のコロナのように何が起きるのかがわからない世界なので、リスクを減らすためにレバレッジはあまり高く設定しないようにしましょう。

オススメは3〜4倍のレバレッジでの運用がオススメです。

チャートがわからない

専門的な知識は必要ありませんが、トレンドラインをある程度わかるようにしておく必要があります。

トレンドラインがわからないと、買い時や売り時のタイミングがわからないため、チャンスを逃してしまったり、根拠のない投資をしてしまうため、最低限のトレンドラインはわかるようにしておきましょう。

分析関連の記事がありますので、参考にしてください。
「FX初心者必見!トレンドラインから為替の動きを予想する方法とは」
「FXの重要項目!トレンドラインの動きが変わる【ブレイク】とは?」
「FXの重要要素の一つ、「トレンドライン」から為替の動きを予想する方法とは」

まとめ

FXで負ける人の多くは負けるべくして負けていることが多いです。

逆に、勝てるポイントを抑えてリスクヘッジを管理していれば、安定して勝つことができるようになります。

負けが続いている主婦の方がいましたら、この機会に負けている要因を見つけて改善してみてください。