FXの自動売買とは?気になるその仕組みを分かりやすく解説!

プログラムが自動でFX取引をしてくれる「自動売買」というのがあります。

勝手に最適なタイミングでトレードしてくれるので初心者でも導入しているという人も少なくありません。

しかし、実際に初心者が自動売買で利益をあげるには、自分のスキルにあったシステム選びや自動売買の特徴を活かした運用をすることが重要です。

そこで今回のお金の教科書は、FXの自動売買に関する知識を分かりやすくご紹介していきます。

まだ自動売買を体験したこと無い方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください!




FXの自動売買とは?

自動売買とは、あらかじめ決めておいたプログラムに従い、システムが自動で取引を行う方法です。

自動売買とは

最初にプログラムの設定が必要になりますが、設定をしておけば、システムが勝手に取引を行ってくれます。

このようにシステムが取引をしてくれることから、「システムトレード」ともいいます。

自動売買の大きな長所として感情が取引に影響することがありません。

例えば、いくら利益を出しても、もしくは損を出しても、決められたルールに従って売買を行い続けるので、感情によって損益が増減することはありません。

感情に左右されない

それでは自動売買のメリットをご紹介していきます。

FXの自動売買のメリット

FXの自動売買のメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 相場に張り付く必要がない
  • 売買の判断をその都度しなくて良い
  • 結果が出ているルールを参考にできる

相場に張り付く必要がない

売買が自動で行われるため、画面に張り付いている必要がありません。

画面に張り付く必要がない

そのため、仕事や火事で忙しい人の中では自動売買を利用している人が多いです。

そういった点では副業としてFXをやりたい人にはもってこいの方法ですね!

売買の判断をその都度しなくて良い

トレードが自動的に行われるため、売買の注文や損切りなどのタイミングを自分で判断しなくても良くなります。

プログラムが自動でトレードを行うため、都度判断をしなくても良い

つまり、トレードをするたびに悩んでしまう方、損切りが苦手な方、まだ自分のやり方を固定しきれていない、というような方でも楽にトレードを行う事ができます。

結果が出ているルールを参考にできる

自動売買は取引ルールを自分で設定しなければなりませんが、多くの自動売買のツールではすでに結果が出ているルールを参考にできます。

結果の出ているルールを参考にできる

自動売買では初心者でもできるように設定が公開されていることがあり、利益を出している設定を真似するだけで利益を狙える可能性があります。

つまり、極端に言ってしまえば、チャートが読めないという初心者でも利益をあげられるということです。

以上が、FXにおける自動売買のメリットになります。

もちろん、メリットがあればデメリットもあります。

FXの自動売買のデメリット

FXの自動売買のデメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 予測不能の相場に対応できない
  • 完全放置は危険
  • 自分でトレードするスキルは身につきにくい

予測不能の相場に対応できない

自動売買プログラムは過去のデータを元に作られているため、前例のない急激な相場変動には対応できません。

急激な相場変動には対応できない

突発的なファンダメンタルズ的条件により相場が急激に動くと、それについていけないケースが多くあります。

例として、海外の要人が重要な発言をして、瞬時に急騰や急落した場合などは、売買条件が狂って平常時のパフォーマンスを発揮できない可能性があります。

完全放置は危険

また、これは先程のデメリットと少し関係があるかもしれませんが、完全に放置していると、相場の急変時に大損する可能性があるのです。

完全放置すると急激な相場変動時に大損する可能性がある

そのため、自動売買だからと言って放置をしすぎず、時間があるときに何回か見て置く必要があります。

自分でトレードするスキルは身につきにくい

自動で売買が行われるため、初心者にとっては自分でとレオードを行うスキルが身につきにくくなっています。

自分でトレードするスキルは身につきにくい

自分でリスクを背負ってリアルタイムで取引をしていく方が上達が早いのはイメージがしやすいと思います。

ですので、自分でトレードを行っていきたいという場合は、自動売買を使わない方がいいかもしれません。

以上がFXの自動売買のデメリットになります。

FXの自動売買ツールにおける注意点

自動売買にはツールを使用しますが、注意点として詐欺の可能性が挙げられます。

自動売買ツールの中には詐欺ツールの可能性がある

私はまだ詐欺にあったわけではありませんが、高いお金で買ったのにも関わらず、勝てる月が一度もないというケースもあるようです。

取引実績を最適なデータに見せかけてきますが、そのデータは改ざんされたものであり、信ぴょう性はかなり低いです。

勝率の画像や、取引履歴は画像編集によって簡単に作成できるものが多いので、個人が販売しているツールや、知らない会社が販売しているツールを使うのは控える方がいいでしょう。

まとめ

自分でトレードを行うのと違い、自動で行ってくれるため、便利ではありますが、とはいえ損をする可能性もゼロではありません。

ですので、リスクを低くするためにもプログラムに任せっぱなしにせず、時間を見つけて確認する必要がありますね。

自動売買は、決済の判断を自分でするわけではないので、資金管理も大切です。

トレード全体が悪い結果になったとき、どれくらい負けるかという予想を立て、その悪いパターンで失うお金が、どのくらいになるかなどを考えながらやる必要がありますので、そこらへんも注意が必要ですね!