話題の「Facebookペイ」の注目の機能を徹底解説

2019年11月13日に、世界の4代IT企業の1つであるGAFAのFacebookから、新しいサービス「Facebookペイ」が発表されました。

そのネーミングからもわかる通り、Facebookペイは、Facebook社から提供されるキャッシュレス決済サービスとなります。

日本で言うところの、PayPayや、LINEペイなどと並ぶ大きなサービスとなり、また1つ大きな〇〇ペイが誕生した感じになります。

ちなみにまだ日本では使うことができず、米国から利用開始となりますが、現段階でも面白い機能が実装予定となっています。

そこで今回は、今米国で大注目のFacebookペイの機能について解説していきたいと思います!

今後、日本でも導入される可能性の高いサービスですので、ぜひこの記事を読んでFacebookペイについての知識を深めてください。




Facebookペイでは何ができる?

Facebookペイには以下のようなサービスがあります。

  • 個人間送金
  • 商品購入
  • 募金活動
  • チケットの応募

いま現状日本でも導入されているサービスもありますが、Facebookペイならではのサービスもありますので、一つずつご紹介していきます。

個人間送金

Facebookペイを利用すれば、利用しているユーザー同士でお金を送り合うことができます。

この機能は「LINE Pay」などにも実装されているのと同じものになりますが、利用シーンとしては、お金の貸し借りや、食事の際の割り勘などです。

ユーザー同士でお金を送り合うことができる

特に割り勘では、細かい端数を支払えず、誰かが少し多く負担するという場合は少なくありません。

しかし、個人間送金を使えば、指定の金額を自分の持っているFacebookペイの残高から簡単に相手に送ることが可能になるため、端数もキッチリ送ることができます。

きっちりと割り勘できる

現在FacebookペイはFacebookとMessengerのみで使用することが可能ですが、Instagramなどでも使用可能になると、若い人にとっては馴染みのある機能になるかもしれないですね!

商品購入

FacebookやInstagramにて紹介されている商品を、Facebookペイを使用することによってすぐに購入することができるようになります。

広告の商品をその場で購入できる

この機能は、Facebook社が6月に発表した、2020年正式発行予定の暗号通貨である「Libra」の誕生によって可能になるのではないかと話題になりましたが、Facebookペイのリリースによって一足早く利用が開始されることになりました。

正式な発表などはまだないですが、FacebookやInstagramで出ている広告の商品などを、Facebookペイでスムーズに購入することができるようになります。

私自身、広告で出てくる服などを衝動買いしてしまう癖があるのですが、このサービスが使えるようになると、より衝動買いをしてしまいそうで若干不安です(笑)

募金活動

Facebookペイを使って募金活動を行うことができ、例えばNPOなどが活動の一環で募金を投げかけることができるようになります。

募金がすぐにできる

これは私の予想になりますが、投稿の中に募金のボタンなどを設置し、そこからワンクリックでFacebookペイ経由で募金をできる様になるのではないかと予想しています。

また、別の使い方として、最近良く使用されている「クラウドファンディング」のような使い方もあるかもしれませんね。

クラウドファンディングが可能

プロジェクトに対して、Facebook内で簡単に投げ銭をできるようになることで、多くのユーザーが活発に使用することが容易に想像できます。

こういった使い方ができるようになるのも、「SNS×キャッシュレス決済」の特権な気がしますね!

チケットの応募

Facebookペイを利用することによって、イベントのチケットを発行したり、応募することができるようになります。

この機能は例えば、Facebookの投稿のなどからイベントのチケットをすぐに購入できるような使い方になるのではないかと考えられます。

すぐにチケットの購入ができる

それによって、友人などにイベントの告知をできると同時に、チケットをスムーズに購入してもらうことが可能になり、主催側や参加側にストレスなくイベントに参加できるようになるのではないかと予想しています。

このような機能が使えるようになるのも、「SNS×キャッシュレス決済」的だと思います。

まとめ

Facebookペイはまだ米国のみでしか使用することができず、今回の紹介した機能も、公開されているものを参考に紹介しました。

今後、米国のユーザーによるレビューなどを得ることができれば、随時アップデートしていきたいと思います。

また、今回紹介したもの以外でも、Facebook社から暗号通貨「libra」の発表があった時、Instaライブでの投げ銭などの機能も期待されたことから、こういった機能が今後追加されるのも楽しみですね!

引き続きFacebookペイは注目していきたいと思います!