初心者におススメのキャッシュレス決済7選!

今のご時世、キャッシュレス決済はかなり導入されており、街で見かける人も多いと思います。

実際、ポイント還元があるキャッシュレス決済は急激に増えており、私自身も複数のキャッシュレス決済を使い分けしておりますが、実際何を使えばいいのかって分からないですよね!

しかし、キャッシュレスの種類を知ることで、どのような使い方をする人に向いているのか、ちゃんとわかりますよ!

そこで、今回のお金の教科書では、実際に使ってみておススメできるキャッシュレス決済を7種類をご紹介します。

これからキャッシュレスを導入しようとしている人は、ぜひこの記事を参考に、ご自身に合うキャッシュレス決済を選んで見てください!




キャッシュレス決済の4種類

キャッシュレス決済は大きく分類すると、以下の4つになります。

  • QRコード決済
  • 電子マネー決済
  • クレジットカード
  • デビットカード

ご存じの方もいるかも知れませんが、一つずつご紹介していきます。

QRコード決済

QRコード決済には、「使用する側がQRコードを読み取ってもらうもの」と、「店舗側のQRコードを読み取る方法」の2種類があります。

QRコードの種類

またそれ以外にも、プリペイドのように事前に現金をチャージする方法や、クレジットカードと連携して支払いを行う方法があります。

QRコード決済の中でも代表的なものとして、「PayPay」「d払い」「auPay」「LINEPay」「楽天ペイ」「メルペイ」などがあります。

「PayPay」などはテレビCMなどでも宣伝しており、日本で一番導入されているので、名前を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

電子マネー決済

電子マネー決済は、「プリペイド型」と「ポストペイ型」の2種類があります。

電子マネー決済の種類

「プリペイド型」は前払いのタイプで、昔からあるプリペイドカードのように、事前に現金をチャージしておくものになります。

一方、「ポストペイ型」は後払いのタイプで、クレジットカードと紐付けされているようなものになりますので、クレジットカードが必要になります。

電子マネー決済の代表的な種類としては、「Suica」「nanaco」「iD」「QUICPay」などがあります。

ちなみに、「Suica」や「PASMO」など、電車やバスに乗る際に普段使っているものも電子マネーの一つなんですよ!

クレジットカード

クレジットカードは、各カード会社が商品に対する代金を立て替えて支払うため、後払いになります。

クレジットカードの仕組み

ご存知の方も多いと思いますが、実際、海外でも使えるので利用率は群を抜いており、私の周りでクレジットカードを使ったことがない人はほとんどいないと思います。

クレジットカードはいくつかの支払い方法があり非常に便利ですが、注意点として、リボ払いという支払い方法があります。

リボ払いでは、毎月数千円の支払いで高額な商品を買えますが、支払いの多くは利息分となり、元本は殆ど減らないことが多いため、将来的にみると、実は非常に損する仕組みとなります。

クレジットカードの代表的なものとして、「VISA」「Mastercard」「JCB」「AmericanExpress」などのブランドがあります。

デビットカード

デビットカードとは、銀行に預けているお金を使って支払いを行うカードになります。

使い方としては基本的に、クレジットカードと同じように使えます。

しかし、クレジットカード違うポイントとして、銀行に預けている金額を「即時払い」するという点になります。

デビットカードの仕組み

つまり、実際に銀行口座にある金額分しか支払いに使えませんが、利用者の「使い過ぎたくない」というニーズをくみ取ったサービスになります。

デビットカードの代表的なブランドとして、「VISA」「Mastercard」「JCB」「AmericanExpress」などのブランドがあります。

以上が、キャッシュレス決済の代表的なものになります

初心者におすすめのキャッシュレス決済7選

キャッシュレス決済には複数の支払い方法や種類がありますが、ここでおススメのキャッシュレス決済を7つご紹介します。

  • Suica、PASMO等の交通系IC
  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • QUICPay
  • d払い
  • LINEPay
  • メルペイ

Suica、PASMO等の交通系IC

交通系IC

日本でもよく使われるキャッシュレス決済の一つであり、地方によっては「Kitaca」「ICOCA」「はやかけん」など、名前が違うこともあります。

支払いは、最寄りの駅によっても変わりますが、電車やバスの移動だけではなく、買い物の支払いに利用できるお店が多数あります。

交通系ICは非常に便利で、全国でも使えるため、1枚は所持すべき、オススメのカードです。

PayPay

交通系IC

日本で一番導入されているQRコード決済となっており、使用できる店舗数が多くありますが、なにより、決済によるポイント還元率はトップクラスです。

ヤフーカードの紐付けで支払った場合、最大3%付与されます。

ヤフーカード以外ですと、ポイント付与率は0.5%となりますので、PayPayを使用する際は、ヤフーカードと連携するのがおススメです!

またPayPay間で送金することも可能ですので、割勘などを行う時もスムーズに行えて便利です。

楽天ペイ

楽天Pay

PayPayと同じくらい利用できる店舗数が多くあります。

そして、楽天ペイの魅了は楽天スーパーポイントが貯まる事になります。

楽天の通販サイトを利用している方はたくさんいると思いますが、特に普段から楽天を利用しているよ!という人は、楽天ペイがおススメです!

逆にいうと、普段、あまり楽天を利用していないという方は敢えて楽天ペイにする必要はないかと思います。

QUICPay

quicpay

QUICPayは、「ポストペイ型」の電子マネー決済となり、クレジットカードのポイントとして貯まります。

QUICPay(nanaco)を利用すると、ポイントの2重取りをすることができますので、普段からセブンイレブンを利用するという方にはオススメです。

さらに、JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブに紐付けをしたQUICPayを利用すると、nanaco・クレジットカード・ANAのマイルと3重にポイントをもらうことができます。

d払い

d払い

d払いはドコモが提供しているサービスですが、ドコモを利用している人は非常に使い勝手がいいですが、もちろんドコモユーザーではないという方でも利用が可能です。

dカード支払いなら200円で3ポイント獲得することができます。

また、ドコモユーザーなら携帯料金が10%も安くなるdカードGOLDが最強です。

ドコモケータイとドコモ光料金が毎月10%のポイント還元があり、還元は、1,000円の利用ごとに100ポイントが還元されます。

ですので、ケータイとインターネットで毎月1万円支払っていれば、毎月1,000円分のポイントが付与され、1年間で考えれば、12,000円分のポイント付与されます。

LINEPay

LINEPay

LINEPayは最大20%歓迎のキャンペーンなどを行なっており、そのキャンペーンがとても魅力的です。

さらにLINE Payは公共料金の請求書払も可能なので、その点もメリットとして上げられるでしょう。

支払い方法としては、請求書に記載されているバーコードを読み取ってその場で決済が完了します。
(ただし、まだ対応しているところは少ないです。。。)

その反面、基本的には前払式のチャージ方式でクレジットカードは使えないという点と、対応店舗が少ない点がデメリットになります。

メルペイ

merpay

メルペイの大きな特徴は、iDに対応していることです。

iDの加盟店は全国80万ヶ所にも上り、他のスマホ決済サービスと比べると、使えるお店の数はトップクラスです。

さらに、メルカリの売上金をそのままお店での支払いに使うことができるのは魅力的なポイントです。

つまり、普段からメルカリでよく出品しているよ!という方には非常にオススメです。

デメリットとしては、LINEPayと同じでクレジットカードは使えない点になります。

まとめ

今回、キャッシュレス決済初心者の方におすすめできるものをご紹介しましたが、その他にも沢山の種類のキャッシュレス決済があります。

ですので、これ以外にも自分のライフスタイルに合わせたものを探し、利用することでよりお得になる可能性があります。

ですが、まずは有名なものをを利用してキャッシュレス決済とはどういうものなのか、というところに慣れてから、ライフスタイルに合わせて行くと良いかと思います。