キャッシュレス決済のポイント還元の仕組みをわかりやすく解説

2019年12月現在、キャッシュレス決済ではポイント還元が行われております。

これは経済産業省が推進している「キャッシュレス・ポイント還元事業」の一環で、2019年10月1日から2020年6月末日までの9ヶ月間行われる予定です。

しかし、ポイント還元といっても、実際どのくらい戻ってくるのか、どのくらいお得なのか、イメージするのは難しいですよね?

そこで今回は、キャッシュレス決済について、ポイント還元の仕組みを軸に、どのくらいお得になるのかをイメージしやすいようにご紹介していきます。

これからキャッシュレス決済を導入しようか迷っているという人は、ぜひこの記事を参考に、仕組みを理解し、導入に役立てて頂ければと思います。




そもそもポイント還元とは?

ポイント還元とは、支払った金額に応じて、ポイント還元率に応じたポイントが返ってくる仕組みです。

例えば、ポイント還元率が5%の場合、10,000円を支払うと、10000×5%(0.05)=500円分のポイントがつくことになります。

10000円支払った場合は500円返ってくる

ポイントが貯れば貯まるほど、次回のお買い物時にそのポイントを使用してお得にお買い物をすることができます。

ポイント還元を踏まえた上で、ポイント還元の仕組みをご紹介します。

キャッシュレス決済のポイント還元の仕組み

キャッシュレス決済のポイント還元の仕組みとしては以下のイラストのようになっています。

ポイントとなるのは、国(政府)がキャッシュレスを推進しているため、長期間のポイント還元が実現できています。

しかし、国が推奨しているとはいえ、冒頭にも書きましたが、ポイント還元には期限があり、2019年10月1日から2020年6月末日までの9ヶ月間行われる予定です。

そのため、キャッシュレス決済を導入するのであれば、できるだけ早いうちに導入しておいたほうがお得な還元を受けられる期間も長くなります。

もちろん、キャッシュレスを使用する以上、ポイント還元は受けたいところですが、ここで注意しなければならないポイントがあります。

ポイント還元を受ける際に注意すること

ポイント還元を受ける際に注意することとしては、以下の2つがあります。

  1.  キャッシュレス制度を導入しているか
  2.  使っている決済方法に対応しているか

それぞれ一つずつご紹介していきます。

キャッシュレス制度を導入しているか

そもそも、買い物をするお店がキャッシュレス制度を導入していなければポイント還元を受けることはできませんよね。

ですので、買い物をする前に、キャッシュレス決済が可能かどうかは事前に確認しておく必要があります。

例えば、お店の入り口などに以下のような表示があればキャッシュレスを導入しているということになるでしょう。

キャッシュレス導入店にある印

このようなマークを見つけるか、それが見つからなければ店員さんに直接聞いてみるのも良いでしょう。

使っている決済方法に対応しているか

キャッシュレス決済を導入していても、お使いの決済方法に対応していなければ、ポイント還元を受けるのは難しいかもしれません。

キャッシュレスと一言で言っても、その決済方法は複数あります。

キャッシュレスの様々な決済方法

また、クレジットカードや、電子マネーなどの大きな枠の中にも、様々な種類があり、店舗によってどれに対応してどれに対応していないなどは変わってきますよね。

そのため、ご自身で使っている決済方法に対応しているかどうかの確認も必要になります。

キャッシュレス対応店舗の探し方

キャッシュレス対応店舗は以下の3つの方法で探すことができます。

  • WEBサイト
  • アプリ
  • 店頭

WEBサイトで探す方法、アプリで探す方法のほかに、お店にいくとステッカーやポスターが貼ってあり、「キャッシュレス決済」のロゴをみたら、そこは使えると考えて良いでしょう。

WEBサイトでは以下のURLより検索することができます。
https://map.cashless.go.jp/

また、アプリはこちらから調べることができます。

一つ、注意点としては、ポイントの還元率が5%のところもあれば、2%のところがあります。

ポイント還元率は高いほうが良いと思いますので、その部分は気にしておいたほうが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ポイント還元の仕組みは政府が絡んでいる分、少し難しいかもしれませんが、それよりも大事なのは、どこでキャッシュレス決済ができ、還元率はどのくらいなのか、ということだと思います。

期限がある以上、少しでもキャッシュレス決済を少しでもお得に使うのであれば、早いうちから導入したほうが良いと思いますので、ぜひこれを機に、導入してみてはいかがでしょうか。