キャッシングとカードローンの違いとは?特徴と3つの違いを解説!

カードローンとキャッシングは行為として「お金を借りる」ということには変わりはないのですが、実際、その中身は大きく異なります。

違いを端的に説明すると、カードローンはローンのお借入専用のサービスであることに対して、キャッシングはクレジットカードに付帯されているクレジットカード機能のサービスの一つとなっています。

他にも両者には様々な違いがあり、様々なサービスが登場にするにつれて複雑さを増しています。

そこで今回は、初心者にもわかりやすく、キャッシングとカードローンの機能の違いを説明していきたいと思います。

ちなみに、カードローンとキャッシングの違いとしては以下のようなものがあります。

  • 借り入れの限度額
  • かかる金利
  • 返済方法




それぞれの特徴

カードローンとキャッシングでは共にお金を借りるということに違いはありません。

しかし、その借り方や、返し方等に違いがありますので、まずはそれぞれの特徴を簡単にご紹介します。

カードローンの特徴

カードローンとは、銀行や消費者金融などが提供している個人向け融資のことで、ローン専用カードを使いお借入やご返済をすることができます。

カードローンは、利用者に審査で決められた限度額の範囲内で、何度でも借入と返済を自由に繰り返し行うことができ、必要なときに必要な金額だけご利用することが可能です。

カードローンの概要

キャッシング(クレジット)と違い入会金や年会費が無料なので、急な出費に備えて申込をしている人もとても多いです。

また、会社にもよりますが、お金を借りるまで最短で1時間程で借り入れが可能なのも大きな特徴の一つです。

また利用目的が限定されていないので、生活資金や自己啓発資金、自動車購入資金(オートローンとして)、旅行資金、結婚資金など幅広い用途で使うことができます。

キャッシングの特徴

キャッシング(クレジット)は、所持しているクレジットカードにキャッシング機能が付帯されていれば、追加の申込や審査が不要なのですぐに借入ができます。

海外でもキャッシング可能な場合が多く、旅先で余分な現金を持たずに現地通貨を引き出すことが可能です

キャッシングの概要

キャッシング機能自体はクレジットカードについているキャッシング枠を利用するため、クレジットカードを持っている人であればすぐにお金を借りることができます。

これがカードローンとキャッシングの簡単な特徴になります。

それではここから、カードローンとキャッシングの違いについてご紹介していきます。

カードローンとキャッシング(クレジット)の違い①:借入限度額

カードローンとキャッシングでは借り入れの限度額に違いがあります。

個人向け融資であるカードローンの借入限度額は、「10万円~1,000万円」に設定されている場合が多いです。

一方でキャッシングは「10万円~100万円まで」の間で設定されていることが多く、カードローンと比較して限度額には大きな差があります。

キャッシングとカードローンの限度額

カードローンに関しては、ゆとりのある限度額なので自動車購入資金(オートローンとして)や結婚資金などまとまったお金が必要なときにも安心して利用することができます。

ただし、使いすぎが心配という人はカードローンよりも借入限度額が少ないキャッシングの方がおすすめです。

ちなみに、カードローンの場合、会社によっては30日間利息0円サービスを行なっているところもありますので、すぐ返済できる場合はキャシングよりもカードローンを利用した方がお得にお金を借りることができますよ!

カードローンとキャッシング(クレジット)の違い②:金利

カードローンの金利はキャッシングに比べて最低金利が低めに設定されていることがあります。

金利の違い

つまり、長期的に借入を希望する場合にはキャッシングよりもカードローンの方が、お支払い時の負担が軽減されます。

また、契約時に期間限定で無利息キャンペーンなどを開催している場合もあるので、はじめての方でも利用しやすい金利設定になっています。

カードローンとキャッシング(クレジット)の違い③:返済方法

カードローンとキャッシングの違いとして、返済方法があげられます。

カードローンの返済方法は「残高スライドリボルビング方式」が一般的で、「残高スライドリボルビング方式」とは、利用者の借入額に応じて毎月決まった返済額をATMから入金したり、口座引落で返済する方法です。

残高スライドリボルビング方式

毎月無理のない定額でのお支払いなのでゆとりを持ってご返済したいかたにおすすめです。

もちろん決められた毎月の返済額に加えて、繰り上げ返済として追加の返済も可能です。

一方、キャッシングの場合は、借入を行った翌月に1回払いでお支払いする「一括返済」が一般的です。

一括返済方式

ショッピング枠でのご利用金額と合算して引き落としされる方法もあるので、口座に必要な金額を入金しておけば手間がかかりません。

以上の3つがカードローンとキャッシングの大きな違いとなります。

まとめ

今回は初心者の方向けに簡単に説明しましたが、サービスを提供している会社によっても細かく違いがありますので、実際に利用するときはどのようなサービスなのかをしっかり調べる必要があります。

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • カードローンに向いてる人は「たくさん借りたい人、金利を抑えたい人、毎月の返済額をおさえたい人」
  • キャッシングに向いてる人は「少額の借入希望の人、翌月にまとめて一括返済できる目処が立っている人、今すぐ借りたい人」

お金を借りるのであれば、借り入れの目的やサービスの内容、返済計画等を事前に明確にし、お得に借りられる様に知識をつけてください1