キャッシングの審査って何を見るの?審査に落ちる7つのポイントとは

キャッシングなどでお金を借りる際には必ず「審査」というものがあるのをご存知でしょうか?

金融機関は、大雑把に言うと、「貸したお金をきちんと返してくれるのか」「この人に貸しても問題ないのか」などを事前にチェックしています。

ですので、これからお金を借りたいという人は審査に通らなければお金を借りることはできません。

そこで今回のお金の教科書は、キャッシングをする際に行われる審査について、どんな要素で落ちてしまうのかをご紹介していきます。

審査に落ちるポイントを事前に知っておいて、それを回避することで審査に通る可能性が出てきますので、ぜひこの記事を参考にしてみてください。




審査におちてしまう7つのポイント

審査に落ちてしまうケースとしては以下の7つがあげられます。

  • 信用情報に事故履歴がある
  • 総量規制に引っかかる
  • 他社への申込み記録が多い
  • 安定した収入がない
  • 国籍の有無
  • 家賃や住宅ローン負担の大きさ
  • 手続き不備

それでは一つずつご紹介していきます。

信用情報に事故履歴がある

信用情報に事故履歴が残っている場合、審査に引っかかり、借り入れができない可能性があります。

事故履歴があると審査に通らない可能性がある

クレジットカードや消費者金融、銀行などの金融機関からお金を借りた場合、その情報は「信用情報機関」が管理しているデータベースに記載され、加盟している金融機関に情報が共有される形となっています。

そのため、過去に返済が遅れてしまったというような履歴があった場合、その情報が金融機関に伝わった結果、審査に落ちてしまうという可能性もあります。

信用情報自体は開示請求をすることが確認することができますので、まずは自身の信用情報がどのようになっているのかを確認するのも良いかと思います。

総量規制に引っかかる

総量規制の対象になりそうな場合、審査に通らないという可能性があります。

総量規制とは、簡単に言うと「年収の1/3を超える金額を借りることは出来ない」という法律で定められたルールのことを言います。

総量規制とは

そのため、例えば現在、消費者金融などの金融機関から年収の1/3に近い金額を借りている場合、そもそもキャッシング枠がなくなってしまうということもあり、その結果、審査に落ち、借り入れができないということもあります。

そのため、現在消費者金融からお金を借りているという人は、自分の今の借入額がどのくらいなのかを確認する必要があります。

他社への申込み記録が多い

他社への借り入れ申込みを短期間のうちに立て続けに行っていた場合、審査に引っかかってしまう可能性があります。

短期間のうちに立て続けに申し込みを行う

信用情報には申込み記録も記載されており、どのくらいの期間にいくつの金融機関に借り入れの申し込みを行った、などが詳細に記録されています。

また、審査落ちしてしまった場合、審査に落ちたという情報も信用情報に登録されてしまいます。

ですので、キャッシングの審査を受ける場合、申込みは1~2社程度にしておき、もしも審査に落ちてしまった場合には、半年以上の間隔をあけてから再度申し込みを行うと良いでしょう。

安定した収入がない

審査時に安定した収入がないと判断されると、審査に落ちてしまう可能性があります。

安定した収入がない

審査時には勤務先でもらえる収入証明書や源泉徴収票などを参考に、収入のチェックが行われ、金融機関によっては電話での在籍確認がある場合もあります。

そのため、例えば現在働いていないという人の場合、お金を貸したとしても返済の見込みが無いと判断され、審査に落ちる可能性があります。

現在アルバイトやパートの人でも、審査に通ったという人もいますが、借入金額は少額の場合が多く、50万円を超える借り入れの場合は審査に落ちてしまうケースもあります。

ですので、キャッシングを行う場合は正社員として働いていたり、勤続年数が長い人の方が、審査に落ちにくい傾向にありますよ。

国籍の有無

日本国籍を持たない外国人の場合、在留期間や職場の環境によっては審査に落ちてしまう可能性があります。

日本国籍を持たない外国人

実際、こちらは明確な基準はありませんが、外国籍の人に対しての審査は、日本国籍の人に比べるとやや厳しくなっており、例えば在留期間が短い人や、勤務先の会社が国外にある場合は、審査に落ちてしまうケースがあります。

もちろん、収入や借入金額によっては外国籍の方でも審査に通る場合はありますが、やや注意が必要です。

家賃や住宅ローン負担の大きさ

家賃や住宅ローンで月々に払う金額によっては、審査に落ちてしまう可能性があります。

かかる固定費によっては審査に落ちる

収入と比較して、月々どのくらい家賃や住宅ローンで支払っているのかを加味して審査されるため、返済の見込みが無いと判断される場合は、審査に落ちてしまうケースがあります。

手続き不備

審査を受けるにあたり書類を提出が必要になりますが、その書類に不備があった場合、審査に落ちてしまいます。

書類や手続きに不備があると審査に落ちる

例えば、書類が足りていないなどの場合はもちろん、虚偽の情報を記入しているという場合も、審査に落ちてしまうというイメージは難しくないでしょう。

そのため、金融機関の担当者の指示通りに手続きを進め、きちんと審査をしてもらえるように、申告内容も正直に伝えていきましょう。

以上が、キャッシングの審査に落ちてしまう7つのポイントになります。

まとめ

お金を借りるということはきちんと返さなければならず、金融機関としても、きちんと返せる人にお金を貸してくれます。

つまり、審査に通るためには、自分は借りたお金をきちんと返せるという証明が必要になってきます。

ですので、これからキャッシングをしようと考えている方は、この記事を参考に自分はどういう状況なのかをあらためて振り返ってから、キャッシングの申込みをしてみてはいかがでしょうか?