【2020年版】初心者におすすめ!キャッシュレス決済アプリ4選

近年、国を上げてキャッシュレスを推進しようという動きもあり、キャッシュレス決済が大きな注目を集めています。

おそらく「周りもキャッシュレスアプリ使い始めてるし、いろんなお店でもキャッシュレス決済アプリが使えるようになったから、自分も始めようかな!」と思っている人も多くいるのではないでしょうか。

しかし一方で、いざキャッシュレスアプリについて調べてみると、あまりに多くの企業が様々なサービスを提供しているので、お得に使えるのがどれなのかがわからず、結局決めることができない、、と思う人も少なくありません。

そこで今回は、キャッシュレスアプリをこれから始めようと思っている初心者の方が使うべきアプリを4つに厳選し、紹介していきたいと思います。

使いやすいキャッシュレス決済アプリを紹介していきますので、これからキャッシュレスアプリを使ってみたいなと思っている方は、ぜひこの記事を参考に、キャッシュレス生活の第一歩を踏み出してみてください!




オススメのキャッシュレス決済アプリ4つ

私がおすすめするキャッシュレス決済アプリは以下の4つになります。

  • PayPay
  • 楽天Pay
  • LINE Pay
  • d払い

どのキャッシュレスアプリもTVCMやWEB広告等で名前を聞いたことがあるという人も少なくないと思います。

実際、キャッシュレス決済方法は今現在、数多くありますが、知名度が高いだけのこともあり、この4つは使いやすくおすすめです。

それでは、一つずつ詳しくご紹介していきます。

PayPay

交通系IC

TVCMでも有名なPayPayは、ソフトバンクとヤフーが共同出資したPayPay株式会社が運営を行っており、大手企業が運営している部分で安心感は抜群に高いです。

PayPayはQRコード決済型で、使い方はアプリを立ち上げて店頭のQRコードを読み取るか、アプリでバーコードまたはQRコードを表示し、それを店舗側に読み取ってもらう形式となっています。

QRコードの種類

一番のメリットは還元率が高く、アプリをダウンロードして新規登録すると、PayPay残高が500円分もらえます!

さらに支払いを行うと、なんと常に0.5%がPayPay残高として還元され、キャンペーン中は最大10%になることも!利用者へのポイント還元の点でPayPayは非常に優れています。

PayPayのお得なポイント還元

残高のチャージは、銀行口座から、Yahoo!JAPANIDと連携してYahoo!マネーで支払う、クレジットカードを登録して支払う、の3つの方法があり、Yahoo!マネーを使えばヤフーオークションでの売上金を買い物に使うこともできます。

3種類のチャージ方法

注意したいのが利用できるカードの種類で、Visaとマスターカードは利用できますが、JCBはYahoo!JAPANカードのみ利用が可能となっているので、JCBユーザーは注意が必要です。

また、銀行口座からのチャージも、三菱東京UFJ銀行を始め、一部の銀行は利用不可なのであらかじめチェックしておきましょう。

ただ、PayPayは常に様々なキャンペーンを行っており、その対象は様々ですが、定期的によりお得に使える期間がありますので、かなりおすすめのキャッシュレス決済アプリとなっております。

楽天Pay

楽天Pay

楽天PayもPayPayと同じくQR決済型で、表示したバーコードを読み取ってもらう、もしくは店舗のQRコードを読み取る方法が中心です。

しかし楽天Payの大きな特徴として、自分で支払い額を入力するセルフ決済があります。

セルフ決済とは

セルフ決済はまず店舗側に支払いを楽天Payで行うことを伝えます。

アプリの支払い方法で「セルフ」を選択し、支払いするお店を選び、支払い金額を入力すれば完了です。

セルフ支払いの最大の利点は、「レジが混雑している時に座ったまま支払いが完了する」という、これまでの買い物の常識を破るようなサービスで、とても魅力的です!

さらに、楽天カードを登録し、活用することで楽天スーパーポイントを2重取りできます。

これは楽天Payに登録し、楽天カードと楽天Payを提携するような設定にすることで楽天Payと楽天カードの2重でポイントを受け取れます。

ポイントの2重取り

貯まったポイントは楽天Payでの支払いにも利用可能なので、この点はとても魅力的です。

ただし、注意点として支払いの上限額があり、1回当たり最大50万円が上限となっています。

また、楽天IDの会員ランクや店舗によって上限金額は異なっており、自分の上限額は「セキュリティの観点から」知ることができないのが少し不便です。

さらに利用機会が多いコンビニは上限が4,000円のため、大人数での買い出しなどには利用できないというのも欠点のひとつとして挙げられます。

コンビニ支払いの上限額

しかし、楽天Payのもう1つの特徴として、個人間の送金が簡単という点もあり、手数料は無料となっているので、気軽さも魅力ですね!

さらに楽天カードで楽天キャッシュをチャージする際、200円ごとに1ポイントが貯まるので、活用していきたいですね!

ちなみに楽天Payに関してはこちらに記事がありますので、併せて読んでみてください!
「【楽天ペイ攻略法】お得に楽天ポイントをためる方法3選」

LINE Pay

LINEPay

「LINE Pay」はメッセージアプリとして多くの人が利用するLINEが提供しており、若年層にも使いやすいシステムを導入しているのが特徴です。

LINEに登録していれば、規約に同意するだけで別のアプリをダウンロードする必要がないという手軽さが売りとなり利用者が増加しつつあります。

使い方はクレジットカードを登録するほか、LINE Payにチャージを行うことでも決済が可能で、他にも銀行口座を登録する、コンビニから入金するなどの方法があります。

LINEPayの使い方

クレジットカードを登録していなくても、コンビニから入金すればチャージができるので、カードや銀行口座を持っていない中学生や高校生などの若年層でも利用しやすいです。

一方でクレジットカードを所持している社会人は、銀行口座を登録するか、クレジットカードを登録する方が手軽かなと思います。

若年層と社会人の違い

またLINE Payは、公共料金の支払いにも利用でき、利用できるのは東京電力エナジーパートナー、神奈川県営水道などです。

使い方は、請求書のバーコードをアプリで読み取り、事前にチャージしていた残高から支払いを行うだけで、実際、自宅で支払いを完了させることができるのは非常に便利なポイントとなっています。

もう1つの大きな特徴に「割り勘」機能があり、LINE Payを登録していて、LINEでつながっているメンバーであれば簡単に割り勘ができます。

使い方としてはまず代表者が全額をLINE Payで支払い、次にメイン画面で割り勘を選択し、割り勘するメンバーを選び、合計金額を入力すると一人頭の金額が算出されるのでメッセージを付けて送金依頼をするだけでOKです。

LINEPayの割り勘機能

送られた側はLINE Payでチャージした金額を送金すればよいので、会わなくても割り勘が可能となります。

送金されたLINE Payは、支払いに利用するほか、銀行口座を通じて現金化もできます。

ただし、現金化するには本人確認が必要となり、また、216円の手数料がかかるのでその点は注意が必要ですが、普段からキャッシュレスアプリを利用することが多いなら、そのままLINE Payとして支払いに使ったほうが得かなと思います。

LINEPayについては、こちらの記事でもご紹介していますので、是非参考にしてみてください。
【2019年版】LINE Payのメリット・デメリットを徹底解説

d払い

d払い

「d払いは」ドコモが提供しているキャッシュレスアプリです。

多くの人が間違えがちな点として、d払いはドコモユーザーだけでなく、どのキャリアを利用している人でもdアカウントに登録し、アプリをダウンロードすることで誰でも利用できます。

もちろんドコモユーザーの方がお得に利用できるという点はありますが、dアカウント自体は、dポイントやdマーケットを利用する際に必要なIDでドコモユーザー以外でも無料で発行できます。

dアカウントの発行は誰でもOK

ドコモによればdアカウントの会員数は2018年8月の時点で6,652万人となっており、ポイント提携先も322、利用可能店舗数は約4万1900店舗と増え続けています。すでにdポイントを利用している人であれば、気軽にキャッシュレス体験ができます。

また、特徴としてはドコモユーザーであれば携帯料金の支払いに合算して支払うことができるという点です。

月額最大10万円まで携帯料金と一緒に支払えます。

ドコモユーザー以外は携帯料金の支払いに合算することはできませんが、とはいえ、クレジットカードを登録すれば利用ができるので、利便性は高いと言えるでしょう。

以上の4つが初心者におすすめなキャッシュレス決済アプリになります。

まとめ

みなさんが利用したいと思うキャッシュレスアプリは見つかりましたか?

キャッシュレスアプリは数えられるだけでも10個以上あり、初心者にとってはどれを使ったら良いか全然わからない状況だと思います。

詳しい人の中には使い分けなどをしている人もいますが、その段階に行く前に、一度今回の記事で紹介したアプリで慣れてから複数利用するのをおすすめします。

自分の生活や、これまで使ってきたサービス、キャッシュレスアプリに求めるものを再度考えてみた上で、利用するサービスを考えてみてください。